船釣り、磯つり、防波堤など釣り情報 

船釣り、磯つり、防波堤など釣り情報 

関西で海釣りするならどこに行く?

関西方面は2府8県、奈良と滋賀以外は海有り県で、和歌山は紀伊水道・熊野灘、大阪府は大阪湾、兵庫は播磨灘や瀬戸内海、大阪湾、京都、福井は若狭湾などそれぞれ特色ある海に接しているので色々な釣りを楽しめます。 それに加えて、周りがグルっと海というあの淡路島もありますよね! その為に釣れる魚の種類は50種を超えると言われています。 では、フラっと「あ、釣りに行こう!」と出かけるならばどこに行きましょう? 人気のスポットというとご家族連れならば和歌山マリーナシティの防波堤なんかが有名で、レンタル竿まで用意されているので初心者でも安心して行く事が出来ますよ。

どんな魚が釣れるの?

釣りの基本としてその「シーズン」というのと「場所」「仕掛け」というのがあります。 これらの条件で狙う物が変わります。 例えば、シーズンで言うと10月~12月の寒い時期だと関西方面ではタチウオやアイナメ、チヌ、カワハギなんかが狙えますし、あと、「場所」によって他の種類を狙える場合もあります。 そして、「仕掛け」というのは魚はそれぞれ口の大きさや泳いでいる深さが違うので、狙う魚に対して有効な針や糸、そして浮きやオモリ、エサなども違います。なので、すべて同じ道具で釣れるかというとそうではないのでネットで情報を得たり釣り具屋さんで初心者は相談するのが一番です。

釣りに準備するものは?

釣りに行く際に準備をするものは、まず基本の竿・エサ・仕掛け類ですね。 あと、仕掛けを付ける際に使うハサミ、釣った魚を入れる袋やクーラーボックスなども必要です。 他にも夜釣りの場合はライトも必要ですし、ケガ防止に手袋や帽子(自分で投げたハリが飛んできて頭をケガすることもあります)、また海辺は寒いので季節に合った防寒具、滑りやすい場所では専用の靴などが必要です。 慣れてきて船釣りがしたいという場合は酔い止め(大型船と違い船釣り用の漁船は酔いやすいです)や、レンタルできない場合はライフジャケット・タックルが必要になります。(別途エサ代も必要) 他にもサングラスやスベリ止め付き長靴もあると良いですね。

船釣り、磯つり、防波堤など釣り情報 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクティビティの最新情報をお届けします!

SNSで最新情報チェック!
snsicon snsicon snsicon snsicon

記事ランキング

関連ページ紹介 アウトドア&フィッシング ナチュラム