東海での川釣りや船釣りについて

東海での川釣りや船釣りについて

『東海で川釣りするならどこに行く?』

東海地方では色々な場所で川釣りができます。長野県小諸市松井甲では川に釣堀がありますので、小さなお子様のいるご家族の方でもゆっくり釣りを楽しむ事ができます。愛知県では大型乗合釣船による船釣りが行われ、船釣りで釣れた新鮮な魚を船の上でバーベキューにして楽しむなんてこともできますよ。静岡県にもフィッシングセンターがあり、富士山の湧き水で育った綺麗な元気な魚をルアーやフライ、エサ釣りで体験することができます。バーベキューなどの体験型ツアーに参加する場合の値段は大人の場合で5000円ほどから。魚を持ち帰る場合は別途料金がかかる場合もありますので確認して下さいね。

『どんな魚が釣れるの?』

東海地方では様々な場所で川釣りができますが、釣れる魚の種類も豊富です。川釣りと言えば鮎が有名ですが、鮎を釣る時期は限られていて6~9月までが期間となっています。場所によって解禁日が異なってきますので鮎釣りをしたい場合は注意が必要です。川に面してつくられた釣堀の場合ではトラウトサーモンやブラウントラウトが一般的です。日本語で言えばニジマスや茶色マスの事をいいます。マスはお子様でも簡単に釣れるのでビギナーや女性の方でもおススメです。他に釣れるものをあげると鯉やオイカワ、ヘラブナ、ハヤなどのほかイワナやヤマメがとれる場所もあります。

『準備するものは?』

ツアーなどでカジュアルに川釣りをする場合準備が必要なものは特になく、ツアー会社が釣竿やエサなどを用意してくれる事が大半で料金に道具のレンタル料が含まれているものも多いです。本格的にやりたい場合や、自分で道具を準備する場合はエサや釣道具一式のほか専用の靴などが必要となってきます。道具は釣道具屋さんで相談すれば手に入りますが、初心者の方は予備竿を用意するとよいでしょう。また、水辺は滑りやすくなっているので渓流シューズや渓流タイツスパッツが便利です。緊急時用に救急セットを用意しておくのも忘れずに、ご自分のペースにあわせて楽しんでみて下さいね!

東海での川釣りや船釣りについて

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクティビティの最新情報をお届けします!

SNSで最新情報チェック!
snsicon snsicon snsicon snsicon

記事ランキング

関連ページ紹介 アウトドア&フィッシング ナチュラム