北陸で川で船釣りができる場所と釣りをするための準備

北陸で川で船釣りができる場所と釣りをするための準備

北陸で川釣りするならどこに行く?

日本は島国であり内陸部は山に囲まれていますが、その山の大半は海に直結するような地形となっていることで川と海を行き来する魚たちにとって豊かな環境となっています。特にその環境の恩恵となっているのが新潟県と富山県そして石川県と福井県に属する北陸地域であり、北陸は日本海とアルプス山脈と密接にかかわっているため特に海産物以外にも山の幸もおいしい県となります。その北陸地方で川釣りするならどの川に行けばいいのかというと、その場所は福井県では九頭竜川と石川県では手取川そして富山県では常願寺川そして新潟県では五十嵐川が絶好の川の船釣りポイントになります。

北陸の川ではどんな魚が釣れるの?

長野県にまたがるアルプス山脈は日本でも有数の火山地帯であることで、その火山の地層から出るミネラル分豊富な水とろ過によって水質がきれいな水がいきわたります。その環境下で育った川魚は、川魚特有の臭みが少なくミネラル分によって肉質も良くなります。その環境の整った川で釣れる魚の種類というのは、基本的に初夏から秋にかけてはアユが釣れます。しかし海に直結しているという環境はアユだけでなく、清流の女王と言われるヤマメやイワナそして季節によっては川から海に行きそして海から山に帰ってきたヤマメやイワナの大型種であるサクラマスや鯉などの大物!を釣ることもできます

実際に川釣りする際に準備するものは?

釣りは獲れたての新鮮な状態で食べられるのと自然の風景を楽しめるという利点がありますが、自然の中で行うということはしっかりと準備しないといけない部分もあります。特に川釣りの場合船の上でも、見た目には分からないぐらいに川が突然激流になっている場所もあるなど突然環境が変わることがあります。そのため実際に川釣りで船釣りする際に準備するものは、釣り道具以外にも覚えれた時の対処として川で浮くことのできる救命具もしくは空のペットボトルなど浮き袋の代わりになる物を用意していざという時に備えることが川釣りそして船釣りにとって重要なことになります。

北陸で川で船釣りができる場所と釣りをするための準備

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクティビティの最新情報をお届けします!

SNSで最新情報チェック!
snsicon snsicon snsicon snsicon

記事ランキング

関連ページ紹介 アウトドア&フィッシング ナチュラム