船釣りよりも楽しめる北海道の川釣りスポット

船釣りよりも楽しめる北海道の川釣りスポット

『北海道で川釣りするならどこに行く?』

北海道の大地は非常に広大で、いくつもの河川が広がっています。そのため、川釣りをするなら地域のポイントを定めてその地域内の川で釣るのがおすすめです。どの地域でも船釣りに負けない楽しさがあります。 道内は道南と道央、道北、そして道東という地域に分かれますが、川釣りをするのに最適な場所は道東エリアです。十勝川や石狩川、標津川といった長大な川には多くの支流があり、それぞれの川ごとに異なった特徴があるためいつまでも楽しむことが出来ます。 支流は数が多い上に入り組んでいるため、事前に地図で確認することを怠らないようにしましょう。

『どんな魚が釣れるの?』

北海道の道東エリアにある川釣りスポットでは様々な魚を釣ることが出来ます。 ニジマスやブラウントラウトといった地域色の強い種類や、イトウやヤマメ、イワナなどのお馴染みの魚まで多種多様です。思わぬ大物に出くわすかもしれませんが、釣り人が多いためエサ慣れしていることもあり、根気が必要です。場所によってはニジマスの養殖場から川に放流されている場合もあります。 そして、北海道に来たら是非狙いたいのがオショロコマです。天然のオショロコマは北海道にしか生息しておらず、さらに姿がイワナに似ているため見落としやすいのです。もちろん道東エリアにも生息しており、石狩川の支流などで釣ることが可能です。

『準備するものは?』

基本的には通常の用具を準備すれば楽しめます。しかし、北の大地ならではの特別な装備が必要な場合があります。 十勝川の上流域では、ヒグマが出没する可能性があります。冬の時期でも冬眠しない個体がいるので、必ず熊よけの鈴やスプレーを用意しておきましょう。 また、暖かい季節になっても場所によっては雪が残っていることも少なくありません。快適な釣りを楽しむためには、スノーブーツを履いておくべきです。さらに、釧路川の支流は湿地帯を流れているうえ川幅が狭く、長いロッドを使うルアーフィッシングでは難しいためエサ釣りの道具を持っていかなければなりません。 万全の準備を整え、船釣りにも負けない川釣りを楽しみましょう!

船釣りよりも楽しめる北海道の川釣りスポット

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクティビティの最新情報をお届けします!

SNSで最新情報チェック!
snsicon snsicon snsicon snsicon

記事ランキング

関連ページ紹介 アウトドア&フィッシング ナチュラム