北海道の釣りは、家族で楽しめる船釣りが人気

北海道の釣りは、家族で楽しめる船釣りが人気

『北海道で海釣りするならどこに行く?』

8.3万平方キロメートルと広大な面積を誇る北海道。しかも周りを全て海に囲まれているため、釣り好きには最高のスポットなんです。 北海道は南北に400km、海岸線総距離は約3000kmもあり、自然も豊富でどこの場所でも大体釣れますが、船釣りでは小樽沖や積丹沖、内浦湾のほか、特に函館沖が人気のスポットになっています。 その秘密は津軽海峡にあります。函館沖は津軽暖流の影響で、冬でも比較的海水温が高めで推移する場所があるため、多くの魚が生存しています。しかも、北海道にありながら気候が温暖で雪が少ないことから、子供や女性でも安心!冬期間でも、ファミリーで釣りを楽しむことができるんです。

『どんな魚が釣れるの?』

函館沖と言えばイカ釣り!というイメージがありますよね。 実はイカだけではありません。カレイやヒラメはもちろん、ホッケやアイナメ、サクラマスやクロダイなど、豊富な種類の魚が釣れます。 函館沖には、根ボッケと言って、岩場などに住み着いているホッケが生息しています。 また、冬期から春先に掛けてはカレイの産卵期にあたり、ある程度浅瀬まで寄ってくるため、岸壁からの投げ釣りでも良いサイズのカレイが釣れます。更に船釣りでは、さほど沖まで行かなくとも、大型のサイズのカレイが釣れることもあり、良い釣果が期待できます。しかもこの時期に釣れるカレイは、脂も乗って味も最高なんですよね。

『準備するものは?』

楽しく快適な釣りを楽しみたいですよね。 そのためには、ライフジャケットと防寒具は必須です。特に冬期の海上は風も強いので、十分に寒さを凌ぐことができる服装で行きましょう。長靴を履き、念のため雨具も準備します。 これらを用意したらいよいよ釣り道具です。竿は竿先の柔らかいもので、2mから2.5m程度の調度良いものを選ぶのが良いでしょう。餌は生きたイソメ、仕掛けはカレイを狙う場合は天秤仕掛けが基本です。潮の流れを考え、オモリは20号から場合によっては30号を使用します。釣った魚を入れておくクーラーも必要です。新鮮なまま持ち帰って、美味しく頂きたいですよね。

北海道の釣りは、家族で楽しめる船釣りが人気

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクティビティの最新情報をお届けします!

SNSで最新情報チェック!
snsicon snsicon snsicon snsicon

記事ランキング

関連ページ紹介 アウトドア&フィッシング ナチュラム