ワカサギ釣りのワカサギの見分け方や料理

ワカサギ釣りのワカサギの見分け方や料理

ご当地グルメにみる変わったワカサギ料理

ワカサギといえば、とれたてを天ぷらやフライで食するのが一番おいしい食べ方です。ですが、ワカサギ釣りでたくさん釣れたときなどは飽きてしまいますね。そこで、ご当地料理からもう少し変わったワカサギ料理を紹介します。 茨城県行方市では、霞ケ浦のワカサギを煮つけにして食べます。まずワカサギを塩で洗って身をしめてから、身を崩さないように鍋をゆすりながら煮ると、たんぱくでふっくらとした美味しい煮つけになります。 滋賀県では、琵琶湖のワカサギをたれに漬け込んでから片栗粉をまぶして揚げた、ワカサギスティックが、お酒のつまみによく食されます。たれは豆板醤やニンニクをきかせたスパイシーな味。野菜スティックと交互につまみます。

おいしいワカサギの見分け方

ワカサギと間違われやすい魚に、チカがあります。チカもおいしいですが、やはりワカサギにはかないません。そっくりなので見分けるのはとても難しいです。見分け方は、腹ビレが背ビレより前にあるのがワカサギで、後ろにあるのがチカです。 魚屋さん等でおいしいワカサギを買うには、やはり鮮度が一番です。新鮮な魚はすべてそうですが、目が澄んでいること。それから魚体が丸みを帯びていてハリのあり、銀色にきらきら光っている魚は新鮮です。 ワカサギの場合は、銀色と薄茶色が混ざって光り輝いているようなのがおいしいです。また、透明感のあるワカサギを選びましょう。うろこが少しくらい落ちていても、目と体が輝いていれば大丈夫です。

釣れなかったら魚屋でも買えるの?

ワカサギ釣りに行ったけど、あまりたくさん釣れなかった、気持ちはすっかり「ワカサギ食べたい!」になっているのにというときや、ワカサギ釣りは苦手という人は、スーパーの鮮魚売り場へ行ってみましょう。 ワカサギはそれほど高い魚ではありません。ワカサギ釣りで釣れた新鮮なものが一番おいしいですが、魚屋さんでも手ごろな値段で普通に手に入ります。また冷凍物でしたら、通販でも国産で1kg1700円位で買えますし、輸入物なら1kg1000円前後で買えることも。 子持ちの生のワカサギを食べたければ、1月から3月に魚屋さんの店先を覗いてみましょう。鮮度が命なので、生であれば地元産がおすすめです。

ワカサギ釣りのワカサギの見分け方や料理

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクティビティの最新情報をお届けします!

SNSで最新情報チェック!
snsicon snsicon snsicon snsicon

記事ランキング

関連ページ紹介 アウトドア&フィッシング ナチュラム