冬のワカサギ釣りの魅力について。

冬のワカサギ釣りの魅力について。

ワカサギ釣りを家で練習するなら。

冬の醍醐味とも呼ばれるワカサギ釣り。 みなさんのイメージとしては氷に穴を開けて、釣り糸を垂らして釣るなんてことを想像するでしょうが、ワカサギ釣りは何も氷の上だけとは限りません。 関西地方や一部地域においては、池に氷が張らない地域なんて山ほどあるんです! そんな地域の方は、普段から家でワカサギ釣りの予習をして、本番に挑んできます。 ワカサギ釣りの予習だなんて、と不思議に思う方は大勢いますが、この釣りは魚の修正を理解していないと釣果が上がらないといっても過言ではありません。 主にする練習方法の一つがしゃくり方です。 この釣りの場合はしゃくり方によって釣果が変わってきますので、普段から家でしゃくり方を勉強しましょう。

ワカサギ釣りを外出先で練習するなら。

普段、仕事をしているみなさんは釣りとひとつの趣味として考えている方が多いでしょう。 ですので、仕事をしている間や通勤の時などは頭の片隅に置いてある方は沢山います。 しかし、それではいざ本番に慣れている友達と釣りにいくと、実際の釣果でかなりの差がついてしまいます。 そこで、外出先でも出来る簡単な練習方法のひとつに、手首の動かし方があります。 竿を持つ利き手の手首を素早くしゃくる練習方法ですが、簡単そうにみえてすぐに出来る技ではありません。 ワカサギは群れで泳ぐ習性のある魚なので、釣れたらすぐに釣り上げまた糸を垂らす手返しが上手くないと釣果に関わるのです。

ワカサギ釣りに近い釣りとは?

ワカサギ釣りに非常に似ている釣りのひとつに海でのさびき釣りがあります。 漁港などで家族連れがよくやっている釣りのひとつですが、餌を上下に揺らし釣るといった形では非常によく似ているといえるでしょう。 釣り場自体は海と湖ですから、多少の勝手は違いますが、釣り場は違えど釣り方や仕掛けなどは酷似しているのです。 さびき釣りも基本的には小あじなどの小さな魚を相手にするタイプなので、仕掛けも五本針や三本針を使用します。 また、撒き餌を使うといった点でもワカサギも同じことがいえるでしょう。 ワカサギの場合は、最近では電動リールを使用する人もいますが、本来は和竿を用いて釣ります。

冬のワカサギ釣りの魅力について。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクティビティの最新情報をお届けします!

SNSで最新情報チェック!
snsicon snsicon snsicon snsicon

記事ランキング

関連ページ紹介 アウトドア&フィッシング ナチュラム