ワカサギ釣りで名人と言われる人たち

ワカサギ釣りで名人と言われる人たち

歴史上の人物とワカサギ釣り

ワカサギに関する歴史上の人物というと徳川家斉。 ワカサギは漢字で書くと「公魚」と書きますが、これは徳川11代将軍徳川家斉の時代年貢として霞ヶ浦のワカサギを納めていた事から公儀御用魚とされたことによります。 それくらい古くからワカサギ釣りは行われており、日本国内あちこちには現在「名人」「偉人」と呼ばれる人がいます。 その釣りの方法は、刺し網や地引網などでも可能ですが一般的には穴釣りと呼ばれる氷上の釣りが有名で、他には諏訪湖や山中湖で行われているドーム船と呼ばれる船底に穴が開いた船での釣りも人気です。 このように日本人にとっては最もポピュラーな釣りの一つとなったワカサギ釣り、チャレンジしてみてはいかがでしょう!

ワカサギ釣りで有名な偉人のエピソード

名人や偉人と呼ばれる人があちこちにいるワカサギ釣り。 有名な方ですと若手では「管理釣り場ドットコムを運営するアングラー今井敦之さん」とか、熟練者では「VARIVASフィールドテスターの大木敏宏さん」なんかが有名です。 中でも大木さんのエピソードはものすごく深い! よく各地でトークショーや講習会の講師を務める方なので(開発にも携わっています)理論的に釣りを分析してくれると評判です。 例えばオモリを変えただけで釣果が全く変わる話とか。 この方の話は他にも沢山のエピソードや釣りの豆知識があるので、トークショーや講演会に足を運ぶと明らかに釣果が変わります。

日本人がワカサギを釣る理由

ワカサギ釣りにハマる理由は1つ。初心者でも楽しいからです。 管理されている場所に行けば、氷上だと穴もあけてくれるし道具も貸してくれる。 そして、ドーム船に乗ればお弁当も出る場合があるし、ワカサギをその場で食べる事も出来る。 また、全国各地で楽しむことが出来るというのも大きな点でしょう。 氷上ですと北は北海道や東北。諏訪湖、野尻湖、山中湖、河口湖でもドーム船などで釣りが出来ますし、もはや日本人のレジャーの一つ!です。 また、テレビ番組の効果というのもあるでしょうね。 プロのアングラー以外のアイドル、タレントさんを起用した釣り番組で多いのは「ワカサギ釣り」です。

ワカサギ釣りで名人と言われる人たち

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクティビティの最新情報をお届けします!

SNSで最新情報チェック!
snsicon snsicon snsicon snsicon

記事ランキング

関連ページ紹介 アウトドア&フィッシング ナチュラム