犬ぞりをする際の装備などについて

犬ぞりをする際の装備などについて

犬ぞりで使う装備とは!

犬ぞりで使う装備は、まず、橇です。大きく分けると、硬いトレイル用と深雪用のものがあります。次に、犬がそりを引くためのハーネス、そりと犬をつなぐライン、雪の上でそりを固定するときに使うスノーフック、ラインとハーネスをつなぐ金具で、ナスカンとも言われるスナップ、走っている途中で怪我をした時に収容する袋で、そりとのバスケット部分に取り付けるドッグバッグ、犬が足を怪我したときにはかせる靴下で、足の裏に雪がつくことを防ぐ時にも使うブーツ、犬の位置を交換したいときや、タングルした時などに、つなげれば両手が使えるため装備しておくと便利なマッシャーズベルトがあります。

犬ぞりでレンタル可能なのは?

犬ぞりをする際にレンタルすることが可能なものは、まず、防寒ジャケットとパンツがあります。アメリカサイズの女性用のSサイズから、男性用のLまであります。また、小さいお子様用のサイズの場合、数が限られますが、若干用意されている場合があります。 防寒靴は、22cmから29cmまであり、小さいお子様用のサイズはないので、自分で用意する必要があります。次に、スキー用の防寒グローブやゴーグル、防寒帽子、フェイスマスク、兼用のネックゲイターなどの無料レンタルがあります。レンタルすることができるものでも数には限りがあるので、自分で持っていくことも大切です。

犬ぞりに必須な装備は?

犬ぞりで必須な装備として、まず、アンダーウェアがあります。長袖、長ズボンタイプで、綿素材は身体が冷えてしまうため、避けなければいけません。次にアウターウェア、上着、ズボン共に、撥水、防水素材で、内側に保温素材が入っているようなスキーウェアなどが望ましいです。 また、靴下、手袋、ネックウォーマー、サングラス、もしくはゴーグルなどのアクセサリー類、ウールや化学繊維素材で、保温性のある靴下、ウィンターブーツなどが必要です。 犬ぞりに必要なものは、大体はスキーなどができるものなら問題はありません。また、レンタルすることができるものもあります。

犬ぞりをする際の装備などについて

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクティビティの最新情報をお届けします!

SNSで最新情報チェック!
snsicon snsicon snsicon snsicon

記事ランキング

関連ページ紹介 アウトドア&フィッシング ナチュラム