犬ぞりの速さと種類

犬ぞりの速さと種類

犬がそソリを引く犬ぞり

犬ぞりはカナダやシベリア、アラスカなどの寒冷地帯に属する国で古くから用いられてきた移動手段で、複数の犬がソリを引き雪道を力強く走る姿が印象的です。 犬ぞりを引く犬には寒さに強い犬種が使われることがおおく、シベリアンハスキーやアラスカンハスキーなど、ハスキー種が多く用いられています。 かつては移動手段や輸送手段として利用されてきた犬ぞりですが、現在では世界各地で大会が行われたり、観光用に犬ぞり体験を行う場所もあり、寒冷地帯以外の人にも親しまれるようになってきています。 実は日本でも北海道や群馬県で犬ぞり体験を行っているんですよ。

意外と速さがある犬ぞり!

数頭の犬が重たいそりを引っ張っているくらいだから、それ程速さは出ていないんじゃないの?と思うかもしれませんが、そんなことはありません。 時速30kmは平気で出せますし、レースともなるともっと速く走る場合もあります。 たった時速30kmと思うのは大間違いです。雪の降る寒い中、風を切って走るソリに乗ると、顔に当たる雪の粒や冷たい風は想像以上に痛いのです。 しかも、もし人間がこのスピードで走ろうと思うと、雪が無くても無理ですよね。足場の悪い雪道を重いソリを引いて走る犬たちは実はとてもパワフルでエネルギッシュな子たちなのです。

用途に合わせた種類がある

犬たちが引くソリは一種類だけではありません。 用途や目的に合わせて何種類かあります。 バスケット型そりやトボガンそり、レースそりといった種類のものがあります。 バスケット型のものは重量が軽く、人や荷物を積むスペースも十分にあり、物資の輸送に優れています。また、重量が軽いことからレースにも適しているとされています。 これに対してトボガンは重心が低く作られたタイプのもので、安定性に優れており物の輸送を、安全に行うことができます。 レース用には決まった形は無く、各試合のルールを満たしていれば良いため、各参加者がオリジナルで工夫を凝らして作っていたりもします。

犬ぞりの速さと種類

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクティビティの最新情報をお届けします!

SNSで最新情報チェック!
snsicon snsicon snsicon snsicon

記事ランキング

関連ページ紹介 アウトドア&フィッシング ナチュラム