世界を目指す犬ぞりレース

世界を目指す犬ぞりレース

犬ぞりの大会とはどんなもの

愛犬と一体となって走るレース。なんともかっこいい響きですよね。 犬ぞりの大会は日本でも多く開催されています。例えば関東ならば栃木県のきぬがわ高原CC犬ぞり大会。この大会というものが始まったのは1800年の中頃といわれています。記録が残っているものでは1886年のミネソタ州で行われたウインターカーニバルでの催物で、21世紀のこんにちまで続いています。日本における開催地はやはり雪の多い北海道や東北地方です。全国からの参加が可能な全国犬ぞり稚内や岩手でのマッシャーズチャンピオンシップ IN 岩手山、不定期ではあるものの北海道の恵庭や名寄犬ぞり大会があります。

海外の犬ぞり事情はこんなかんじ

海外でのレースへ参加したい!という野望をお持ちの貴方。 アメリカ大陸からオーストラリア、カナダやバルト三国まで世界は広いと実感できるはず。レースには短距離の最も古い歴史をもつアメリカンドッグダービーやバルト三国のエストニア・ラトビア・リトアニアで開催されるレースがあり、このレースでは雪面の他にむき出しの地面!もあるそうです。オーストラリアでは唯一雪面で行われるADVANCE Sled Dog Challengeやアラスカ ディンガム・カナダ フォートセントジェームズで開催される3日制のレースがあります。長距離になると400キロを走るレースやピレネー山脈を横断するものもありますよ。

犬ぞりレースの種類は

レースの種類は距離で分けられています。 3日間かけて約70マイル(1マイル=1.6キロメートル)を平均時速30キロメートル/sのスピードで走り抜ける過酷なスピード競技のスプリントレースと約100マイルから900マイル以下(ステージレースも含む)のミッドディスタンスレース、約1000マイルを10日間掛けて走るロングツーリングレースタイプのロングディスタンスレースの3種類があります。その中でもノースアメリカン世界選手権(ONAC)とファーランデブー世界選手権(RONDY)は共に1946年から開催される由緒あるレースです。このレースで優勝するとワールドチャンピオンと呼ばれます。

世界を目指す犬ぞりレース

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクティビティの最新情報をお届けします!

SNSで最新情報チェック!
snsicon snsicon snsicon snsicon

記事ランキング

関連ページ紹介 アウトドア&フィッシング ナチュラム