北海道で開催される犬ぞりレース

北海道で開催される犬ぞりレース

犬ぞりの大会を知っていますか?

みなさん一度はテレビや写真で犬ぞりを見たことがあるのではないでしょうか。 寒い雪道を、リードで繋がれた犬たちが一生懸命ソリを引く姿は迫力満点です。 犬ぞりはシベリア地帯やアラスカ、カナダなど、雪の多い国で古くから移動手段や輸送手段として利用されてきました。現在でも移動手段として利用されている地域もありますが、現在では移動手段や輸送手段といった実用的な利用方法だけでなく、その速さや操縦技術を競う大会が世界各地で開催されていることをご存じでしょうか。実はこのような大会が、あまり犬ぞりに馴染みのない日本でも開催されているのです。

日本での開催地は北海道!

日本での犬ぞりレースの開催地は、北の大地北海道です。 北海道といえば函館の五稜郭や札幌の時計台、小樽の夜景など有名な観光地がたくさんありますが、やはり広大な大地に冬の厳しい寒さは日本の中でも随一の場所です。 北海道は、冬の平均気温が氷点下という場所もたくさんある県ですが、降雪量には地域によって大きな差があります。 日本海側に面する方を中心に降雪量はとても多く、逆に太平洋側では少な目となっています。その差はかなり大きくなっており、降雪量の多い旭川市と降雪量の少ない釧路市を比べると、100cm以上の差がある年もあるのです。

北海道のどこで開催されているのかというと

では、この北の大地北海道のどこで犬ぞりの大会が開催されているのかというと、稚内市で開催されています。稚内市は北海道宗谷地方に位置する県で、県内でも降雪量は多い地域となっています。稚内は日本最北端の稚内駅がある事でも良く知られています。 犬ぞりレースは稚内で毎年2月の末頃に開催され、多くの参加者と観客で賑わいます。この大会は、南極物語で有名な樺太犬、タロとジロが稚内に寄贈されたことを記念して始まりました。2015年2月には第32回まで開催され、シニア部門だけだなくジュニア部門の子供達まで真剣勝負を繰り広げています。

北海道で開催される犬ぞりレース

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクティビティの最新情報をお届けします!

SNSで最新情報チェック!
snsicon snsicon snsicon snsicon

記事ランキング

関連ページ紹介 アウトドア&フィッシング ナチュラム