北欧の文化である犬ぞり

北欧の文化である犬ぞり

雪が降る土地で行われる犬ぞり体験

北極に近い北欧では雪が家を覆うほどの積雪量があることによって、毎日の生活の中で必要な移動手段というのは雪の上を動けるように特化している物が多いです。その中で昔から人間とのつながりの深い生き物である犬との共生関係として、大型の雪国で生きられる大型の犬と一緒にそりに乗って移動するのが犬ぞりです。大型の10匹以上の犬に助けてもらいながら、雪によって摩擦が少なくなっていることを利用してそりを動かすことで雪道でも10キロ以上のスピードで移動できるため北欧では重要な移動手段として利用されています。そして北欧の大事な移動手段である犬ぞりは、同じく雪が深い土地である日本でも!体験できるスポットが多く存在します。

どこで犬ぞりが体験できるのか

雪が多い土地である北欧の移動手段としてある犬ぞりですが、実際に北極からの冷たい風が覆う日本でも雪が多い土地というのは多いのです。そして雪が降るという共通点が多いことから雪が多く降る土地との間で文化交流をする目的の姉妹都市提携している県があり、そういったつながりがあることで雪での娯楽や移動手段と言った部分でつながりがあるのです。実際にどこで犬ぞりが体験できる場所とされているのが、日本で雪が最も深く降る場所として北海道全域と長野そして東北地方そして関東でも群馬県と栃木県といった山間に体験できるスポットがあります。

犬ぞりをする際の料金相場とは

日本で出来る犬ぞりにおいては、長い期間訓練された犬に乗って行うため安全性は高いと言えます。そして実際に行う際には2つのプランがあり、一つはインストラクターと共に2キロ以上を走行するプラントそしてインストラクターと一緒に乗った後に技術をレクチャーした後に一人で乗るプランです。それぞれのプランで料金は変わりますが、どちらも平均時間として1時間を目安にインストラクターと共に乗るだけのプランであれば1万円となりそして後に一人で操縦するプランとなると時間も2時間となり料金も2万円が相場となります。ただし基本的に2人で合わせて乗ることが条件のため、一人で乗る場合には2人分の料金を支払うことが多いです。

北欧の文化である犬ぞり

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクティビティの最新情報をお届けします!

SNSで最新情報チェック!
snsicon snsicon snsicon snsicon

記事ランキング

関連ページ紹介 アウトドア&フィッシング ナチュラム