バンジージャンプを100倍楽しむ方法あれこれ

バンジージャンプを100倍楽しむ方法あれこれ

バンジージャンプは知ってても逆バンジーって?またどう違うの?

 バンジージャンプについては知っている人も多いかもしれません。バンジージャンプは高いところから紐を足に固定して飛び降りてスリルを楽しむというアクティビティです。でも、逆バンジーという言葉が出てくると頭の中に「?」マークが出てくる人も多いのではないでしょうか。  バンジージャンプは上から下方向へ飛び降りるのに対し、逆バンジーはものすごい勢いで下から上空へとジャンプしていくことができるアクティビティです。スリルもありますが、むしろ空へ届くかのような勢いで飛び上がる爽快感は格別です!バンジーロケットとも呼ばれることもあります。日本でもいくつかの遊園地に導入されています。

ならば、あまり怖そうなイメージがなさそうな横バンジーって?

 逆バンジーが下から上に急激に上がるなら、横バンジーは横方向へと急激に移動するアトラクションをイメージするでしょう。ただこれは大体は合っていますが少し意味合いは違います。  横バンジーの場合は、バンジーで使用するゴムロープではなくワイヤーを使用していることが特徴です。やり方としてはまずワイヤーで固定したあと腹ばいの状態になって高所に上げられます。ハーネスのロックを外して落下していくと、大きく身体がスイングしながら横方向に向いて急激に移動する仕組みになっています。恐怖感はこちらも生易しくありません!  こちらはあまり日本では導入している遊園地はありませんが、東北地方の遊園地などで楽しむことができます。

一番怖そうなイメージの紐なしバンジーって?

 紐なしバンジーから浮かぶイメージはいかにも恐ろしいイメージが湧きますが、実際これは見たままの意味です。やることはワイヤーで吊り上げられた後にワイヤーのロックを解除してただ自由落下していくというごくシンプルなものですが、なんせ自由落下すると落下速度が加速するわけですからその恐怖度はマックスレベルです!  もちろん、下にはネットが張られており衝撃を吸収してくれるため安心ではありますが、それでも最大級のスリルを味わうには最適のアトラクションといえるでしょう。  こちらは海外の遊園地で少数ながら導入している傾向がありデンマークの遊園地の「Tivoli Friheden」のスカイタワーなどが知られています。

バンジージャンプを100倍楽しむ方法あれこれ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクティビティの最新情報をお届けします!

SNSで最新情報チェック!
snsicon snsicon snsicon snsicon

記事ランキング

関連ページ紹介 アウトドア&フィッシング ナチュラム