屋内戦も屋外戦も楽しめる東海でのサバゲー

屋内戦も屋外戦も楽しめる東海でのサバゲー

東海では様々なフィールドを選べます!

サバゲーは、数あるアクティビティの中でも非常に特殊なものの一つです。 参加者はソフトエアガンと呼ばれる銃を装備し、戦場となるフィールドで相手チームと戦争を行なうのがサバゲーのゲームスタイルとなります。 多くの場合は2つのチームに別れ、それぞれが相手の拠点に設置したフラッグを奪取することで、勝利となるフラッグ戦が主流となっており、参加するメンバーや装備、またフィールドの状況によっても戦局が大きく変化するのが面白い点です。 東海地方にあるフィールドは、三重県や岐阜県などの郊外には山や森林を利用した広大なフィールドがありますし、名古屋などの市街地では屋内戦が楽しめる屋内型のフィールドもあります。

フィールドに合わせた装備を整えることが大切です

参加するサバゲーが、屋内戦か屋外戦かによって、用意する装備品にも工夫をしなくてはなりません。 特にメインの武器となる銃のチョイスは、フィールド内での行動に大きく影響するものです。 屋外の広いフィールドでは、銃身が長く、射程距離が遠くまで届くものを使用すると、遠方の敵を狙撃するのに有効です。 特に拠点防衛ではこうした銃が非常に活躍します。 屋内戦になると、どうしても野外に比べて狭いスペースで戦闘をすることになるので、銃身の長い銃や重量の重い物は移動の妨げになってしまうことがあります。 また、身を隠す際にも邪魔になってしまうことがあるので、事前にフィールドの状況を見極めて、使用する持ち物を決めるのも良い方法です。

レンタルサービスを利用すれば手ぶらでも楽しめる

初心者や初めてサバゲーに参加するという人は、銃や持ち物を十分に揃えることが難しい場合があります。 そうした時にはレンタルサービスを実施しているフィールドの定例会などに参加するのがおすすめです。 銃をはじめとして、様々な装備品をレンタルすることができるため、手ぶらでも体一つでゲームに参加することができます。 また、新しく銃を購入する予定のあるときには、レンタルの銃をお試しで使ってみるというのも賢い利用方法です。 実際に使ってみると、自分のスタイルに合うかどうかを簡単に判断することができるので銃選びの参考にすることができます。

屋内戦も屋外戦も楽しめる東海でのサバゲー

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクティビティの最新情報をお届けします!

SNSで最新情報チェック!
snsicon snsicon snsicon snsicon

記事ランキング

関連ページ紹介 アウトドア&フィッシング ナチュラム