関西で話題のサバゲーとは?!

関西で話題のサバゲーとは?!

関西で体験できるサバイバルゲーム!

サバイバルゲーム(以下サバゲー)のルーツはアメリカのペイントボールで、日本ではエアソフトガンを使ったオリジナルな遊びが生まれました。フィールドと呼ばれるゲームの場所は日本各地に広がり関西でも行われるようになりました。公式のルールといったものは存在せず、それぞれのフィールドで設定することが出来るのですが、一般的には全国共通した一定の遊び方があります。2つのチームに分かれお互いの陣地のフラッグを奪い合うもので、相手チームを全滅させても勝利となります。人数によっては、戦い方にバリエーションが生まれるので、状況に合った楽しみ方も出来るわけです。

最近はインドアフィールドも人気!

サバゲーに必要な装備としては、忘れてならないのがゴーグルです。ソフトガンとはいえ、顔や目に当たれば大怪我をするからです。その点に関しては大人としての自己責任が重視されるので、相手にも心配させない配慮が必要です。その他、服装に関しては運動出来るものなら構わないのですが、ほとんどの人は迷彩服に身を固めてゲームに参加しています。それは気分を高めたり、雰囲気づくりの面もありますが、林の中などでは実際に役に立つからです。一つには敵から見つかりにくいという効果があります。最近はアウトドアだけでなくインドアのフィールドもあるので、雨天などでも遊べるのが魅力です。

サバイバルゲームの参加方法

サバゲーの一般的なゲームの所要時間は15分?20分で、その間に被弾した人はゲームから外れることになります。そうした自己申告性が重んじられるのはゴルフと似ていて、謂わば紳士のスポーツという側面もあるわけです。但し、ゴルフが単独者同士の競技なのに対し、サバゲーは団体戦なのでチームワークが重要になると言えます。参加には、個人でも友人とでも可能で、お互い初対面であってもゲームを通じて色々コミュニケーションが取れ、新たな人間関係が生まれることもあるわけです。参加方法としてはインターネットからも予約ができ、予約状況なども確認できます。

関西で話題のサバゲーとは?!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクティビティの最新情報をお届けします!

SNSで最新情報チェック!
snsicon snsicon snsicon snsicon

記事ランキング

関連ページ紹介 アウトドア&フィッシング ナチュラム