SUPの魅力『波に乗る、SUP(StandUpPaddle)』!!

SUP(スタンドアップパドル)

SUP = パドルサーフィン

前回の記事「この夏、人気NO.1は『SUP(スタンドアップパドル)』!!」では、その「多様性」が魅力であり人気の秘密だとお伝えしました。

今回はそんな『SUP(StandUpPaddle)』の様々な楽しみ方の一つ『波に乗るSUP』をご紹介します。

1960年代にワイキキのビーチボーイズたちによって開発されたアクティビティ『SUP(StandUpPaddle)』はPaddleSurfing(パドルサーフィン)とも呼ばれ、その名や見た目の通りサーフィン(波乗り)を起源としているのです。

SUP体験プランを検索
北海道(1) / 関東(54) / 北陸(1) / 甲信越(15) / 東海(15) / 関西(27) / 山陰・山陽(7) / 四国(12) / 九州(51) / 沖縄(53)

SUP(スタンドアップパドル)

小さい波でも“波乗り”を楽しめる

大きく浮力の強い『SUP(StandUpPaddle)』のボードは、一般的なサーフィン(ロング/ショート)よりも波に乗りやすく、また小さい波でも“波乗り”を楽しめることからサーフィン初心者にも人気を集めています。

体験プランでボードの上に立つことやパドルを使うことに慣れたら、波に乗る『PaddleSurfing(パドルサーフィン)』をするのもオススメです。

SUP体験プランを検索
北海道(1) / 関東(54) / 北陸(1) / 甲信越(15) / 東海(15) / 関西(27) / 山陰・山陽(7) / 四国(12) / 九州(51) / 沖縄(53)
SUP(スタンドアップパドル)
サーフィンとは違い、“立った状態(StandUp)”で波に乗ります。パドルを軸にターンをしたり、レールを使ったターンなどのトリックに挑戦しましょう。腰をしっかり落としバランスを取るのがポイントです。

上級者になれば写真のような大きな波での、サーフィンさながらのトリックも可能です。
SUP(スタンドアップパドル)

ボードの種類

様々な楽しみ方ができる『SUP(StandUpPaddle)』には、そのシチュエーションに応じて適したボードの種類があります。

今回ご紹介したPaddleSurfing(パドルサーフィン)のように「波に乗る」ことが目的であれば、サーフボードの形に近い種類や、オールラウンドタイプのなかでもより「波乗り」に適したタイプなどもあります。

体験プランで基礎を習い『SUP(StandUpPaddle)』の魅力にハマったら、ボードなどのグッズ選びも楽しみの一つです。

SUP体験プランを検索
北海道(1) / 関東(54) / 北陸(1) / 甲信越(15) / 東海(15) / 関西(27) / 山陰・山陽(7) / 四国(12) / 九州(51) / 沖縄(53)

体験プランのすすめ

海にはサーフィンやボディボードなど様々なマリンアクティビティを楽しむ人が通年にわたり集まり、それら安全に楽しむ為のルールが存在します。また、大自然ならではの危険も多く存在するので、まずは「体験プラン」で海を知り尽くしたインストラクターにルールや基礎をしっかり習って始めることをおすすめします。

Let’s Enjoy 『SUP(StandUpPaddle)』!

SUPに関するオススメ記事

『この夏、人気NO.1は『SUP(スタンドアップパドル)』!!』
『必見動画!『SUP YOGA(サップヨガ)』で身も心もキレイになる。』
『SUPの基礎を丁寧に解説してくれている動画!!』
『今さら聞けない!?インフレーダブルSUPって?』

SUPの魅力『波に乗るSUP(StandUpPaddle)』!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクティビティの最新情報をお届けします!

SNSで最新情報チェック!
snsicon snsicon snsicon snsicon

記事ランキング

関連ページ紹介 アウトドア&フィッシング ナチュラム