登山やトレッキングの基本装備、テント泊まりや岩登りの基本装備について

登山やトレッキングの基本装備、テント泊まりや岩登りの基本装備について

トレッキングや登山を楽しみたい!登山の基本装備について

登山やトレッキングの基本的な装備と言うのは何が必要なのか、初めての登山に出掛ける人にとっては迷うものです。 何でもかんでも持って行くわけにはいきませんので最低限必要なものを用意しなければなりません。 靴、リュック、地図やガイドブック、コンパス、サングラス、ヘッドライト、水筒、着替えやタオル、雨具、食糧や行動食、カメラ、洗面用具など書き出したらきりが在りませんが、これらが基本装備と言えます。 また、登山やトレッキングは山行日程や宿泊する場所(山小屋かテント泊り)によっても基本装備は異なりますので、何を持って行けば良いのか最初に書き出してから準備を始めるのがオススメです。

テント泊の基本装備について

テント泊まりは山小屋に宿泊するのとは異なり装備の量も多くなります。 テント泊まりで必要になるものは、テント、シュラフ(寝袋)、ロール状のマット、ガスもしくはガソリンコンロと燃料、ヘッドライトや予備の乾電池、新聞紙などであり、シュラフは季節により利用するものが異なりますし、ロール状のマットはテント内部に敷いておいて、その上でシュラフに入るための道具です。 ヘッドライトは山小屋に泊まる場合も必要となりますが、テント泊まりでは必須です。 また、新聞紙と言うのはテントをたたむ時、テントの表面についている朝露などを拭き取る時に利用出来るので便利です。

スリルを味わえる岩登りをする基本装備

岩登りはロッククライミングとも言われているもので、山道を歩く登山やトレッキングとは装備も異なります。 岩登りをする時に必要な道具はザイル、カラビナ、ハーネス、ヘルメット、シューズなどであり、専用の道具が必要です。 また、身体をメインロープに固定する時やフィックスロープでの登高を行う時などはストッパーと呼ばれる道具が必要になりますし、手袋も確保や懸垂を行う時など必要となります。 更に、ロッククライミングは3点確保を行いながら登攀を行うアウトドアスポーツであり、ホールドを掴んだ時など汗などで滑り易くなるため、チョークを利用する事でそれを回避出来ます。

登山やトレッキングの基本装備、テント泊まりや岩登りの基本装備について

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクティビティの最新情報をお届けします!

SNSで最新情報チェック!
snsicon snsicon snsicon snsicon

記事ランキング

関連ページ紹介 アウトドア&フィッシング ナチュラム