屋久島でトレッキングや登山を楽しもう!

屋久島でトレッキングや登山を楽しもう!

世界遺産登録の屋久島でトレッキング!

宮之浦川支流となる白谷川の渓谷は屋久島北部を流れる川で、ここには白谷雲水峡が在ります。 屋久島は世界遺産登録が行われている縄文杉でも有名な島であり、宮之浦岳、縄文杉往復、白谷雲水峡など、島の自然が凝縮されたエリアでもあるヤクスギランドなど、登山やトレッキングに最適なフィールドになっています。 尚、登山やトレッキングのコースは、それぞれ難易度が在ります。 宮之浦岳は登山の基本的な知識や経験が必須とされる山で、山小屋での宿泊が必要になるコースです。 また、山小屋と言っても避難小屋であり、食事は自炊が必須となる中級者から上級者向けの山になります。

世界遺産登録された縄文杉を見たい!

屋久島を代表する屋久杉に縄文杉が在ります。 この様な呼び名で呼ばれているのは、名前が付けられた時の樹齢が4000年以上あり、縄文時代からの樹木で在る事からも、このような名前が付いたと言う説、杉の奔放にうねる幹の見栄えなどが縄文土器に似ているからと言う説が在ります。 最近はトレッキングや登山などで屋久島に訪れる人も多いのですが、縄文杉を見るトレッキングコースは本格的な登山装備が必要となる中級者向けのコースです。 これは、目的地を往復する所要時間が9時間から10時間かかる事、標高差が700メートルという事からも、健脚向きのコースであり、登山装備をしっかりと行うこと、行動食などの準備も必須となります。

白谷雲水峡は初心者でも楽しめますよ

白谷雲水峡は初心者から楽しめるコースになります。 ここは島北部を流れる白谷川の渓谷で、渓谷の中でも上流域に在る自然休養林です。 宮之浦からは約12kmの場所が入り口になっており、照葉樹林帯から屋久杉林への移行帯に在り、島照葉樹林帯を代表する様々な樹木を見る事が出来る魅力的なエリアであり、屋久杉林帯には蚊母樹(イスノキ)、裏白樫(ウラジロガシ)、椨(タブノキ)、杉、栂(ツガ)、樅(モミ)などの大小様々な樹木などを見る事が出来ます。 また、渓谷沿いには皐月(サツキ)、ホソバハグマ、ヤクシマショウマなどの樹木が群生しており、森林浴や渓谷美を楽しめるなど、マイナスイオン効果を得られるのです。

屋久島でトレッキングや登山を楽しもう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクティビティの最新情報をお届けします!

SNSで最新情報チェック!
snsicon snsicon snsicon snsicon

記事ランキング

関連ページ紹介 アウトドア&フィッシング ナチュラム