パラグライダーで安全に飛ぶために

パラグライダーで安全に飛ぶために

パラグライダーのライセンス取得するには?

パラグライダーのライセンスは空を飛ぶことができる能力を証明するためのものであり、法的な拘束があるわけではありません。 ライセンスがなくてもフライトは可能ですが、スクールに入学してインストラクターの指導の下でフライトをしなければならないなど、多くの制約があります。 安全なフライトを実行するには専門的な知識や飛行技術が欠かせません。 これらの知識や技術を習得することは、ライセンスの取得につながります。 ライセンスの取得はパラグライダースクールにて学科及び実技の講習を受け、学科及び実技の試験に合格することが必要になります。

パラグライダーのライセンスの種類

パラグライダーのライセンスですが、これは日本ハング・パラグライディング協会がパイロットの技能を認定し、技能証を発行しています。 この技能証ですが初心者から上級者や達人級のものまで様々な種類があります。 初心者用に教員の指導・監督化における安全な飛行ができることを示すA証、B証。 中級者には管理された空域での自己の判断と責任において行動できることを示すNP証、P証。 P証所有者が関連があるあらゆる法律を遵守し自己の判断と責任による飛行ができることを示すXC証。 さらには教員の技能やタンデムパイロットの技能などを示す達人級のクラスがあります。

パラグライダーライセンスの取得コースの予算

この技能証は日本ハング・パラグライディング協会の登録スクールに入校ののち、教本の各課程で求められる練習をして検定に合格しなければなりません。 入校するスクールにより取得コースの費用が異なりますので一概にはいえませんが、最低限は入校と装備の費用が掛かります。 装備を貸し出しているスクールもありますが、技能証を取得して自分一人で飛べるレベルまで来たとき自分のパラグライダーがあると便利です。 買う時はスクールで購入すれば、精通した知識を持ったスタッフが相談にのってくれ自分に合ったものを選ぶことができます。 まずは通いたいスクールに問い合わせをして、予算などを聞いてパラグライダーを楽しみましょう!!

パラグライダーで安全に飛ぶために

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクティビティの最新情報をお届けします!

SNSで最新情報チェック!
snsicon snsicon snsicon snsicon

記事ランキング

関連ページ紹介 アウトドア&フィッシング ナチュラム