パラグライダーを楽しむには

パラグライダーを楽しむには

パラグライダーの利用、最短何分で飛べますか?

パラグライダーは、スカイスポーツの一種です。スカイダイビングでは飛行機やヘリコプターなどから飛び降り、降下しパラシュートで減速して着地するものですが、パラグライダーは一定の高度のある斜面から駆け下り、上昇気流を利用して空を飛ぶというものです。仕組みとしてはグライダーやハングライダーと同様ですが、パラグライダーは収納性と展開性に優れており、最短何分とった短い準備時間で飛び立つことも可能です。また用意すべき機材も少ないので比較的安価に楽しめるスカイスポーツとして人気があります。ただし飛べる場所は限られており、混雑している場合には、飛び立つのに順番待ちをする必要があります。

パラグライダーは1日何回までできますか?

パラグライダーは、一般的に高低差が450メートル程度の山から飛び立つことになります。フライト時間は約10分間ですが、気象条件などによって滞空時間は異なってきます。1日何回までと規制されていないため、フライト後に再び戻ることで飛ぶことができるので、気象条件が許す限り1日に数回は飛ぶことができます。気象条件としては雨が降っていないことと、風が強すぎないことで、これらの気象条件が悪い場合にはフライトすることはできません。また多くの人がフライトに参加している場合には、混雑するため、飛べる回数も少なくなります。

パラグライダーは、何人同時に飛べますか?

パラグライダーを飛ぶためには国家資格は必要ありませんが、民間資格があり、取得することで一人で飛ぶことができます。それまではインストラクターとの二人乗りで講習を受けることになります。一般的には1ヶ月目は基本的な操作を学び、2ヶ月目は状況に応じてさまざまなことを学びます。また三ヶ月後には応用操作を覚えることになります。その後、一人でフライトしますが、一人でフライトしたあとも補習フライトを経てパイロットライセンスを取得することができます! 何人同時に飛べるかはフライトをする場所や当日の気象条件によって異なります。

パラグライダーを楽しむには

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクティビティの最新情報をお届けします!

SNSで最新情報チェック!
snsicon snsicon snsicon snsicon

記事ランキング

関連ページ紹介 アウトドア&フィッシング ナチュラム