CMなどで話題のフライボード(水圧で空を飛ぶ)を体験しよう!

CMなどで話題のフライボード(水圧で空を飛ぶ)を体験しよう!

人気沸騰の「フライボード」の特徴と最高到達点

2015年に世界28か国で同時発売され話題となり、一気に人気となったマリンスポーツが「フライボード」です。このスポーツは、水上バイクや水上ジェットスキーの排気口に、ホースの付いた専用のノズルを接続し、バイクが排出した水が接続したホースを伝い、勢いよく噴射される水圧で空を飛ぶのを楽しむ新感覚スポーツです。見た目は難しく思えますが、意外と簡単で一般的に10分から15分ほど練習すれば空中に浮き上がることができます。慣れてくると前後・左右、そして上下にも移動することができるようになります。 フライボードの大会も開かれており、選手によっては最高到達点が8~9mにもなります。

フライボードにはどんな技があって世界記録はどのくらい?

フライボードにはどんな技があるかというと、1つは基本となる技の「ホバーリング」があります。これは水圧で空を飛ぶことで、垂直に高さをキープします。初心者はまずこの技をマスターすることになります。2つ目に「ドルフィン」があります。イルカのように海中に潜ったり跳ね上がったりする技で、きれいな放物線が描けるようになるとカッコイイ技です!3つ目に「バックフリップ」です。体操競技のバック宙のような技で、難易度最上級です。この技は危険を伴いますが、アクロバティックで決まればモテること間違いなしです! プロボーダーともなると、その高さは10m以上にもなり高いバランス感覚が必要となり、この高さになると世界記録並みです。

フライボードは難易度が低いけれどケガをすることもあり怖い?

テレビCMなどでは4~5mも浮き上がっていますが、初心者なら「初めからこの高さまで浮き上がるなんて怖いの?」と心配になりますよね?でも大丈夫です。フライボードを行う際にはコースが決まっていて、体験者のレベルに合わせて行うことができ、ちゃんとインストラクターも付いています。それに、最初は急に高い位置まで上がることが無いように、高さ制限をして体験できるようになっているので安心して行えます。何度が体験して技術が上がったら、高さ制限なしで楽しんでいくようにすると良いでしょう。 難易度は低くても、高い位置まで浮き上がるので危険が伴うスポーツでもあります。きちんと講習を受けて自分の技量に合わせて楽しみましょう。

CMなどで話題のフライボード(水圧で空を飛ぶ)を体験しよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクティビティの最新情報をお届けします!

SNSで最新情報チェック!
snsicon snsicon snsicon snsicon

記事ランキング

関連ページ紹介 アウトドア&フィッシング ナチュラム