フライボード(水圧で空を飛ぶ)、フライボードに乗れるまで何時間?、大会で優勝するためには何時間練習が必要?

フライボード(水圧で空を飛ぶ)、フライボードに乗れるまで何時間?、大会で優勝するためには何時間練習が必要?

水圧で空を飛ぶ!フライボードに乗れるまで何時間?

フライボードに乗れるまで何時間?どれくらい練習すれば乗れるのだろうかと疑問に感じる人も多いものです。 水圧で空を飛ぶことが出来るフライボードは南の島などでのアクティビティーとしても人気が高くなっており、30分ほどの時間で体験をさせてくれます。 尚、初めての人は立ち上がるのがやっと、と言ったケースが多く、中々上手に立ち上がることが出来ません。 しかしながら、練習を繰り返す事で立上がって水圧で空を飛ぶ事が出来るようになります。 フライボードは立ち上がる力とバランスが必要なのですが、コツを掴む事で立上がり、バランスを掴んで水圧で空を飛ぶことが出来るようになります。

フライボードの技の基本と、この技何時間でできる?

フライボードの基本となる技がホバーリングです。 ホバーリング、この技何時間でできる?、どのぐらいの高さまで飛ぶ事が出来るの?と疑問に感じる人は多いわけですが、ホバーリングは垂直方向に飛んで高さをキープする技です。 この技に必要な事は、ボードの上に立ち上がる事、そして下からの水圧でバランスを取りながら状態を維持する事が必要であり、まずは立ち上がる練習を繰り返す事、そしてバランスを取れる練習を繰り返す事が重要とされます。 尚、フライボードには大会が在るのですが、選手の中にはホバーリングで高さ8~9mをキープする選手もいると言います。

大会で優勝するためには何時間練習が必要なのか

大会では色々な技を披露する選手が多くいます。 そのため、大会で優勝するためには何時間練習が必要なのか、と言う事だけではなく、新技を披露しなければ優勝も難しくなるわけです。 また、フライボードの技の中には難易度が最上級とも言われているバックリップが在ります。 バックフリップはバク宙のような技であり、上級者向けの技でもあり、技を決める事で大会を見に来ている人から大歓声を浴びることが出来るのです。 更に、大会で優勝する場合などでは、バックフリップとは逆方向に回転する前宙返りを披露する選手もいると言われており、難易度が高い技を披露する事で優勝に近づくと言われています。

フライボード(水圧で空を飛ぶ)、フライボードに乗れるまで何時間?、大会で優勝するためには何時間練習が必要?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクティビティの最新情報をお届けします!

SNSで最新情報チェック!
snsicon snsicon snsicon snsicon

記事ランキング

関連ページ紹介 アウトドア&フィッシング ナチュラム