サーフィンは歴史あるスポーツ!

サーフィンは歴史あるスポーツ!

サーフィンは実はとっても起源が古いスポーツ!

マリンスポーツの代表格、サーフィン。実はとても古くからあるスポーツで、その起源はあまりに古くハッキリとしたことはわかっていません。少なくとも西暦400年ころにはその原型といえるものがあったようで、ハワイやタヒチに住む古代ポリネシア人が始めたといわれています。娯楽としてというよりは海の民と呼ばれた彼らの生活に沿う形で進化していき、アウトリガーカヌーからやがてオロやアライアというサーフボードの原型が生まれました。 サンゴ礁の外に漁に出かける古代ポリネシア人にとって、波乗りの技術は必要不可欠だったのでしょう。

一度は歴史上から消えてしまった?サーフィンの歴史

イギリス人の探検家ジェームズ・クック船長は、タヒチやハワイで初めてサーフィンを見た時のことを航海日誌に記しています。その後ヨーロッパの宗教や文化が流入してきた際、布教の妨げになるとしてポリネシアの島々からサーフボードは奪われてしまいました。 ようやくハワイでサーフィンが復活したのは20世紀初頭のこと。このころのサーファーは、ヨーロッパやアメリカから移住してきた人たちを海の事故から守るライフガードの役割を果たしていました。卓越した技術を持つサーファーは世界中でこのスポーツの普及に尽力しました。ハワイやカリフォルニア、オーストラリアなどで数々のサーフィンクラブが設立され独自のスタイルが発展していきました。

日本にサーフィンが入ってきたのはいつのこと?

日本では1960年ころ、千葉や湘南の海で波乗りを楽しむアメリカ人サーファーの姿を見た地元の少年たちが、それにならってフロートと呼ばれる自作のボードで波乗りを楽しんだのが始まりといわれています。 1965年には日本サーフィン連盟が設立され、翌年には約100名の選手が出場する第1回日本選手権が開催されました。競技人口は年々増え続けたくさんの優秀な選手が輩出されました。現在も国民体育大会のデモンストレーション競技をはじめとして日本各地で競技会が開催されていて、競技スポーツとして着実に発展し続けています。

サーフィンは歴史あるスポーツ!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクティビティの最新情報をお届けします!

SNSで最新情報チェック!
snsicon snsicon snsicon snsicon

記事ランキング

関連ページ紹介 アウトドア&フィッシング ナチュラム