洞窟探検が可能なシュノーケリングコース、東日本と西日本

洞窟探検が可能なシュノーケリングコース、東日本と西日本

洞窟とシュノーケリングがセットになっているツアーも在る!

シュノーケリングで洞窟を探検するツアーと言うと沖縄県の恩納村にある青の洞窟が有名であり、人気ナンバーワンと言われています。 入口部分から太陽の光が差し込むと、光が海底に到達して反射をし、海中などが青く輝くと言われており、神秘的な体験を行えるなどの理由からも全国各地から人が大勢集まると言われています。 洞窟探検と言うと、地上にある風穴などに入り、懐中電灯やヘッドライトなどを利用しての探検をイメージする人も多いのですが、シュノーケリングでも楽しめるスポットが全国に在ると言われており、シュノーケリングのツアーなども企画されています。

東日本で体験できる伊豆城ヶ崎海岸がお勧め!

東日本では伊豆城ケ崎海岸にシュノーケリングでの洞窟探検が出来るコースが在ります。 ここは富戸ホールと呼ばれているポイントで、伊豆の中では有名なスポットです。 富戸ホールは伊豆半島の大室山が噴火した際に、手の指のような形状になって海に流れて行った溶岩が海水により冷えて固まり、城ヶ崎海岸が作り出され、この時空洞を作り上げたのが富戸ホールなのです。 水深が浅く、しかも透明度が抜群なので初心者でも安心して楽しめます。 尚、富戸ホールなどのシュノーケリングはダイビングショップなどがツアーを企画しているので利用してみるのがお勧めです。

西日本エリアでのシュノーケリングポイントについて

西日本エリアなどで洞窟探検が可能なシュノーケリングツアーをインターネットで検索を行うと、大半の場合が沖縄本島の青の洞窟が結果に表示されてしまいます。 これは沖縄本島の青の洞窟に人気が集まっている事、大阪などの西日本エリアを起点としているなどの理由からもヒット率が高くなっているのです。 ダイビングショップなどでツアーを企画しているものが多く在りますので、身近な場所にあるダイビングショップなどに問い合わせてみるのもお勧めです。 ダイビングのインストラクターはツアーガイドも手掛けており、西日本の海を良く知っているのです。

洞窟探検が可能なシュノーケリングコース、東日本と西日本

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクティビティの最新情報をお届けします!

SNSで最新情報チェック!
snsicon snsicon snsicon snsicon

記事ランキング

関連ページ紹介 アウトドア&フィッシング ナチュラム