西日本のシュノーケリングのオススメスポット

西日本のシュノーケリングのオススメスポット

シュノーケリングを西日本で楽しむ!何処で楽しめるか?

西日本は滋賀県などから西のエリアであり、西日本には数多くのシュノーケリングのポイントが在ります。 シュノーケリングはスキューバダイビングのようなライセンスが無くても楽しめるマリンスポーツであり、水中メガネ、シュノーケル、足ヒレの3つの道具が在れば何時でも楽しめますし、泳げない人でも浮き輪を使ったり、ライフジャケットを装備しておけば、浮力により水面に浮かんでいられるため、泳ぎながら水中をマスクで観察をし、呼吸は息継ぎをしなくてもシュノーケルで呼吸が出来るなどのメリットもあるのです。 尚、西日本の何処でシュノーケリングが出来るのかと言った情報は、インターネットを利用すると便利です。

西日本におけるシュノーケリングのスポット

西日本エリアでのシュノーケリングのスポットは若狭湾や串本などが透明度も高く初心者にも最適と言えます。 中でも串本は日本で初めて海中公園として指定されたスポットでもあるのですが、串本の海中公園には珊瑚礁の海が待っているのです。 珊瑚礁と言うと、南の島でもある沖縄本島、石垣島、宮古島、そして西表島などをイメージする人も多いのですが、本州の中でも串本の海中公園は珊瑚礁の海が広がっており、ここでのシュノーケリングは南の島で楽しんでいるような感覚で楽しめると言ったメリットが在ります。 また、透明度が高いので泳ぎに慣れていない人、潜るのが出来ない人にも最適な環境です。

紀伊半島の串本の海中公園はオススメスポットなのです!

シュノーケルを利用する事で泳ぎながら呼吸が出来ます。 また、マスクを装着する事で水中を観察する事が出来るので、水面を泳ぐときはシュノーケルで呼吸をして、マスクで水中を覗く事が出来るわけです。 更に、フィンをつけると推進力が付くので、楽に泳げるなどの理由からも初心者でも比較的簡単に取り組めると言うメリットが在ります。 串本の海中公園はオススメのシュノーケリングスポットでもあるのですが、透明度が高いなどの理由からも、泳ぎながら水中を観察できると言うメリットも有ります。 小さな子供なども、浮き輪を使えば楽しい時間を過ごせますし、水中には色とりどりの熱帯魚がいるので子供から大人まで満喫できるのです。

西日本のシュノーケリングのオススメスポット

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクティビティの最新情報をお届けします!

SNSで最新情報チェック!
snsicon snsicon snsicon snsicon

記事ランキング

関連ページ紹介 アウトドア&フィッシング ナチュラム