関東エリアでのシュノーケリングのおすすめエリア

関東エリアでのシュノーケリングのおすすめエリア

関東エリアにおけるおすすめのシュノーケリングエリア

シュノーケリングと言うと南の島、珊瑚礁の海と言ったイメージを持つ人も多いものです。 しかし、関東エリアには江ノ島、葉山、茅ヶ崎の烏帽子岩、三浦半島、真鶴、房総半島など様々なおすすめエリアが在ります。 また、伊豆七島は東京都に含まれるため、これらの離島でも楽しめますし、東京や神奈川県などから比較的近い伊豆半島は関東エリアではありませんが、利便性が高いスポットと言えます。 そのため、南の島に行かなければシュノーケリングが出来ない!と言う事ではなく近場でもシュノーケリングを楽しめるスポットが多数存在しているのです。

シュノーケリングが楽しめる伊豆を分析してみる

東京から電車を利用して2時間半程の場所に位置している半島であり、南、東、西と言う3つのエリアに分けることが出来ます。 砂浜や岩場がそれぞれのエリアに点在していますが、シュノーケリングは比較的波が静かな場所で、水深も3メートルから5メートル程度の場所が適しており、西側では松崎、雲見などが人気が高く、東側においてはダイビングのメッカにもなっている海洋公園周辺などが人気が高いスポットになります。 関東からも比較的近いため、日帰りでも1泊でも楽しめる距離であり、伊豆には有数の温泉地としても知られており、のんびりと温泉に浸かることが出来るなどのメリットもあります。

関東エリアからも近い伊豆のおすすめエリア

初心者にもおすすめのポイントは入り江になっていて、比較的波が静かな場所です。 波が高い時は危険ですのでシュノーケリングと言えども控える必要が有りますが、多少の波が在る場合、初心者の人はシュノーケルの内部に水が入るため、呼吸がし難いなどのデメリットが生じます。 入り江になっている場所と言うのは、比較的波が静かであり、水面を泳ぎ回りながら水中を観察するのに最適と言えます。 尚、このような場所は天候が悪くてダイビングが出来ない時でもシュノーケリングとして楽しめるため、ダイバーにも人気が高い場所になっています。

関東エリアでのシュノーケリングのおすすめエリア

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクティビティの最新情報をお届けします!

SNSで最新情報チェック!
snsicon snsicon snsicon snsicon

記事ランキング

関連ページ紹介 アウトドア&フィッシング ナチュラム