目が悪くても大丈夫、シュノーケリングを楽しむ方法

目が悪くても大丈夫、シュノーケリングを楽しむ方法

普段コンタクトをしているけれど、シュノーケリングできるの?

結論から言えば、シュノーケリングはコンタクトをしたままでも大丈夫です!高価で外れやすいハードレンズや、バクテリアを吸い込んで汚れてしまう性質があるソフトレンズなど、本来はコンタクトレンズというものはマリンスポーツに適してはいません。しかし、シュノーケリングは鼻まで覆うマスクを着用するので、基本的には海水が入ってこない状態なので、ある程度は問題なく楽しめます。とは言っても、動き回っているうちにやはり海水が入ってきてしまう事もあります。そこでおすすめなのが「使い捨てソフトレンズ」です。シュノーケリングを楽しんだ後は、新しいものに付け替えれば目の負担も最小限に抑えられますし、安心して楽しむことができます。

目が悪くて普段めがねをつけいてるけれど、大丈夫?

美しくて幻想的な海の中、色とりどりの魚たちやサンゴ礁。シュノーケリングの魅力と言えば、やはりこのような海中の景色を楽しむ事ですよね。そこで心配なのが、目が悪くて普段はめがねをつけているけれど、海中の景色はちゃんと見えるのか、という事です。実は、水中では視界に入るものが地上の約1.25倍の大きさに見えます!これはあまり知られていない事なのですが、水中では水がレンズの役割を果たしてくれるのです。そのため、視力が0.2程度であれば、裸眼のままでも美しい海中を見る事ができ、十分楽しむ事ができます。

めがねはシュノーケリングをする時に使える?

視力がどうしても悪くて眼鏡が手放せない、という人は、シュノーケリングマスクをつけた状態でもめがねは使えるか気になるところですよね。結論から言うと、残念ながらマスクの構造上、眼鏡はつけることが出来ません。では、目が悪い人は楽しめないのかと言うと、そんな事はありません!眼鏡をつける事はできませんが、マスクに度の入ったレンズが付いた「度付きマスク」というものがあります。これは、視力の段階ごとに商品がるので、視力がかなり悪い方でもカバーする事ができます。度付きマスクは、10,000円~20,000円ほどで購入可能ですが、レンタルをする事もできます。

目が悪くても大丈夫、シュノーケリングを楽しむ方法

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクティビティの最新情報をお届けします!

SNSで最新情報チェック!
snsicon snsicon snsicon snsicon

記事ランキング

関連ページ紹介 アウトドア&フィッシング ナチュラム