泳げない人も浮き輪を使えばシュノーケリングが可能に!

泳げない人も浮き輪を使えばシュノーケリングが可能に!

泳げない、水が怖い!と言う人もシュノーケリングなら大丈夫!

泳げない人、水が怖い人でもシュノーケリングなら楽しむことが出来ます。 シュノーケリングはマスク、シュノーケル、そしてフィンを使って水面を泳ぎ回りながらマスクで水中を観察し、呼吸はシュノーケルで行うと言うマリンスポーツであり、足が着く場所でも楽しむことが出来るため、仮に泳げない、水が怖い!と言う人でもたった状態でマスクとシュノーケルを付ければ水中の観察が出来るのです。 また、水に慣れて来たらうきわを使えば、泳げない人でも水面を泳ぎ回りなら水中の観察が出来るなどの特徴が在り、1度体験する事で病みつきになるケースが多いのです。

うきわがあれば泳ぎが苦手でもシュノーケリングを楽しめます

うきわは空気を入れて膨らます道具であり、使わない時は空気を抜けばコンパクトなサイズに収まるので南の島に出かける時など便利な道具と言えます。 泳ぎが苦手と言う人も、うきわを使えば泳ぎ回ることが出来るようになり、これに加えてマスクとシュノーケル、足にはフィンを装着すれば僅かな力で足をバタバタとすることで、推進力が生まれてくるので楽に泳ぎ回りながら水中の観察を行えますし、シュノーケルを利用する事で常に呼吸をしていることが出来るので、泳げない人でもビーチなどでのシュノーケリングを楽しめると言ったメリットが有るのです。

潜るためにはコツが必要ですが体験コースに参加すれば技術取得

シュノーケリングは水面を泳ぎ回るだけではなく、水中に潜ることで魚達を近くで観察したり、ウミウシや海老などのマクロ生物の観察がより楽しく行えるようになります。 初めての人は潜ろうとしても、お尻が水面から上がってしまうなど、上手に潜ることが出来ないケースが多いのですが、体験コースなどに参加する事でインストラクターが潜るためのコツを伝授してくれます。 また、潜れるようになった時に耳抜きが必要になるのですが、耳抜きと言うのは水圧の変化により鼓膜が圧迫されてしまい、痛みが生じた時に緩和させるものであり、体験コースでは耳抜きのコツも伝授してくれます。

泳げない人も浮き輪を使えばシュノーケリングが可能に!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクティビティの最新情報をお届けします!

SNSで最新情報チェック!
snsicon snsicon snsicon snsicon

記事ランキング

関連ページ紹介 アウトドア&フィッシング ナチュラム