沖縄本島のダイビングスポットとダイビングの特徴について

沖縄本島のダイビングスポットとダイビングの特徴について

沖縄本島のダイビングスポットの一つ恩納村

沖縄本島のダイビングスポットの中でも人気が高いのが恩納村エリアです。 恩納村と言うのは、沖縄本島の中央に位置するエリアであり、ここには青の洞窟などの有名なダイビングスポットが在り、日本だけではなく海外から訪れるダイバーも多いのです。 また、万座ビーチ沖合いには万座ドリームホールと呼ばれる縦穴が海底に在り、この縦穴は30メートルほどの水深の場所まで続いており、内部に入る事も可能であり、神秘的な空間となっているなど、ダイバーの憧れのスポットの一つになっており、恩納村エリアは地形や大物の魚、マクロ生物などを楽しめる沖縄本島のダイビングスポットの1つなのです。

沖縄本島ダイビングの特徴とダイビング技術について

沖縄本島ダイビングの特徴は初心者向けのスポットから中級者より上級者向けのスポットが明確になっている事です。 青の洞窟は初心者から上級者までが楽しむ事が出来る人気のスポットであり、沖縄本島のダイビング!と言ったら青の洞窟と言った具合に有名なスポットになっています。 また、沖縄本島の周囲は珊瑚礁に囲まれていますが、その外側はドロップオフと呼ばれる海の中に在る断崖絶壁であり、水深が数百メートル以上の場所も在ると言われており、中級者から上級者向けのダイビングポイントになっているなど、スポットによりダイビング技術が要求されるのが特徴です。

沖縄本島ダイビングの予算と交通手段について

沖縄本島ダイビングの予算は、ツアーの参加料金、往復の飛行機代、宿泊費、そして沖縄本島内部の移動時の交通費などの総額になります。 尚、ツアーの参加料金と言うのはショップやコース内容になどにより様々であり、ダイビング機材などもツアー料金に含まれている場合と別料金になっているケースが有るので事前に確認をしておくことがお勧めです。 また、ツアーは通常午前中1本、午後1本もしくは2本と言った具合にツアーにより異なりますが、ランチ代、ドリンク代、送迎、保険料などが含まれており、オプションとして1ダイブ幾らと言った形で料金が必要になるケースが多いのが特徴です。

沖縄本島のダイビングスポットとダイビングの特徴について

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクティビティの最新情報をお届けします!

SNSで最新情報チェック!
snsicon snsicon snsicon snsicon

記事ランキング

関連ページ紹介 アウトドア&フィッシング ナチュラム