伊豆諸島におけるダイビングスポット、特徴、そして予算について

伊豆諸島におけるダイビングスポット、特徴、そして予算について

伊豆諸島のダイビングスポットと島への交通手段について

伊豆諸島は伊豆七島!は間違いで、伊豆諸島と言うのは、伊豆大島から孀婦岩までの間に在る100ものの島々の総称であり、須美寿島や鳥島、地内島、八丈小島などは無人島になっており、現在人が住む島と言うのは、伊豆七島とも呼ばれている大島、利島、新島、式根島、神津島、三宅島、八丈島の7つの島と御蔵島および青ヶ島になります。 伊豆七島へのダイビングは船を利用する事で行き来が可能になりますが、利島、式根島以外は飛行機でも行き来が可能であり、伊豆諸島のダイビングスポットが近くに感じられると言う特徴もあります。

伊豆諸島ダイビングの特徴と注意点について!

伊豆諸島ダイビングの特徴は、それぞれの島毎に特徴が在り飽きさせない事に在ります。 大小様々な島からなる伊豆諸島のダイビングのメッカと言うと、伊豆七島が主体となりますが、島の周りは黒潮の流れが在り、大小様々な魚の群れを見ることが出来ると言った伊豆諸島ダイビングの醍醐味、そして特徴を持ちます。 尚、ダイビング時の注意点として覚えておく必要が有る事は、潮の流れがもの凄く速い場所が在ると言う事です。 潮の流れに流されてしまうと一気に沖合いまで流されることになるので伊豆諸島でのダイビングの際には注意する事が大切です。

伊豆諸島ダイビングの予算と交通費について

伊豆諸島でのダイビングの予算は、ダイビング料金の他、宿泊費や往復の交通費などが必要になります。 また、どの島で楽しむかによっても予算は変わって来ます。 最も本土から近いのが伊豆大島となりますが、伊豆大島は東京の竹芝桟橋、三浦半島の久里浜、そして伊豆半島の拠点とも言える熱海、伊豆半島の中にある稲取や下田などから船を利用して行き来が可能で、飛行機ならば約40分で羽田空港と大島を結んでおり、アクセスが良い環境に在ります。 尚、東京の竹芝桟橋からの船は船の中での一泊が必要になりますので、予算だけではなくスケジュールも考えておく必要が有るなど、伊豆諸島ダイビングの予算は島により異なるのが特徴です。

伊豆諸島におけるダイビングスポット、特徴、そして予算について

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクティビティの最新情報をお届けします!

SNSで最新情報チェック!
snsicon snsicon snsicon snsicon

記事ランキング

関連ページ紹介 アウトドア&フィッシング ナチュラム