ダイビングのライセンス取得、東京と大阪の違いとは?

ダイビングのライセンス取得、東京と大阪の違いとは?

ダイビングを思いっきり楽しみたい場合、ライセンス取得は必須!

ダイビングは水中で楽しむマリンスポーツであり、水中での散歩を楽しむためにはライセンス取得が必須なのです。 酸素ボンベの酸素を利用する事で一定の時間水中散歩を楽しめますが、水の中には水圧と言う普段人間が生活する場所には無い自然の圧力が在り、減圧症などのリスクが生じるため、潜水学を学ぶ事、一定の技術を身に付ける事が大切であり、これらのスキルを持つことにより安全な状態を維持して行ける事になります。 それ故に、ライセンス取得では学科と実技の両方のスキルを高め、資格を取得する事で楽しいダイビングを始める事が出来るのです。

東京でのダイビングのライセンス講習について

東京は都市型と言われており、学科についてはショップの中で開催されたり、ツアーなどの場合は予め自宅で学習をしておいてから、現地でのペーパーテストを行うケースが多く在ります。 尚、実技と言うのは海洋実習とも呼ばれているものとプール実習と呼ばれている2つが在ります。 最初にプールでの実習を行って、機材の取扱い方に慣れて貰い、呼吸の仕方などの訓練を重ねた上で、実際の海での実技訓練を行う形になるのが都市型のライセンスの講習の特徴であり、東京にあるショップの大半がこのような流れで講習を進めて行きます。 また、海洋実習などは伊豆などで行われることが多いのが特徴です。

大阪でのダイビングのライセンス講習について

大阪でのライセンスの講習も、東京と同じく都市型と言われているもので、ショップの中などにダイビングプールが在る場合は、そこでプール実習を行い、海洋実習については和歌山県などのエリアで行われるケースが多く在るのが特徴です。 尚、ショップからの距離が在るため、ショップからダイビングポイントまではお店の車を利用して移動するケースが多く、沖縄県などのでのライセンス講習と比較をすると都市型のダイビングライセンスの講習にかかる費用は高くなると言われています。 これは、移動時の交通費、プールなどを利用する場合の費用などが加算されていくからなのです。

ダイビングのライセンス取得、東京と大阪の違いとは?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクティビティの最新情報をお届けします!

SNSで最新情報チェック!
snsicon snsicon snsicon snsicon

記事ランキング

関連ページ紹介 アウトドア&フィッシング ナチュラム