ダイビングの大会のルールと特徴について

ダイビングの大会のルールと特徴について

ダイビングにも大会が在り、技術を競うレースなのです!

スキューバダイビングは水中と言う人間が生活する事が出来ない空間で酸素ボンベからのエアーを供給する事で一定の時間水中に留まる事が出来る画期的なマリンスポーツです。 ダイビングの中には酸素ボンベを背負わずに行うフリーダイビングの大会が在り、どれだけ深く潜ることが出来るのか、どこまで泳いで行くことが出来るのか、そしてどれだけの時間呼吸を止めている事が出来るのかと言ったルールに従って大会が進められて行き、技術を要する事でダイビングツアーの参加者などの安全確保に努める事が出来るなどのメリットもあるのです。

フリーダイビングの大会のルールと閉息潜水の特徴について

素潜りや息こらえ潜水のことを閉息潜水と言います。 また、閉息潜水はアプネアと呼ばれる潜水手法なのですが、アプネアと言うのは無呼吸症候群と言った意味合いもあると言います。 素潜りでどれだけの時間、どれだけの深さ潜れるのかを競うものであり、ルールとしては一呼吸で行うのが特徴です。 1度の呼吸を行って息を止めてから、水の中に入り、どれだけ深く潜れるのかと言った競技を行います。 競技種目には「コンスタントウェイト ウィズフィン(CWT)」、「コンスタントウェイト ウィズアウトフィン(CNF)」、「フリーイマージョン(FIM)」などが有ります。

どうやって競技を行っていくの?その方法とは?

どうやって競技が行われるのかは、競技種目により異なります。 「コンスタントウェイト ウィズフィン(CWT)」と呼ばれる、フリーダイビングの代表的種目が在るのですが、これは水中に設置したロープに沿って海底へと向かうのが特徴で、ロープを掴んだり、引っ張る事は禁じられており、フィンや手のかき動作のみで潜る競技です。 「フリーイマージョン(FIM)」は、「コンスタントウェイト ウィズフィン(CWT)」とは異なり、フィンの装着が禁止されています。 そのたえ、ロープを掴んだり、引っ張るなどして海底へと進むもので、腕の力が必要になると言う特徴を持ちます。

ダイビングの大会のルールと特徴について

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクティビティの最新情報をお届けします!

SNSで最新情報チェック!
snsicon snsicon snsicon snsicon

記事ランキング

関連ページ紹介 アウトドア&フィッシング ナチュラム