冒険を楽しむからこそのケイビングの最低限のルール

冒険を楽しむからこそのケイビングの最低限のルール

やってはいけない『危険なケイビング』とは

これからアウトドアシーズンになることによって、自然を楽しむ一環として自然が作り出す造形美を楽しむケイビングが注目されています。ケイビングは溶岩の通り道で出来た空洞や水の流れで削られて出来た空洞を探検するものであり、自然の中を歩くことそして自然の造形美と探検する楽しさを味わえることからアウトドアスポーツとして広まりを見せています。しかし探検する楽しさは子供であっても楽しめそして大人であれば童心に帰らせるため興奮するのですが、しかし興奮は度が過ぎてしまうと冷静な判断をなくしてしまうことでのやってはいけない危険なケイビングになってしまうため注意が必要です。

ケイビング中の『絶対にやってはいけないこと』

ケイビングは洞窟内の地形を楽しむものですが、地形を把握して進むものではない未知の領域を歩く物なので細心の注意が必要になります。とくにやってはいけないこと!は洞窟の情景を楽しみ過ぎて奥に進みすぎてしまい、その道中の帰り道を忘れてしまい遭難する可能性があります。そして洞窟は山でも海でも水の浸食のポイントは必ずあります。ケイビングを実際に行う日の前日に雨が降ると水がたまっているポイントがあふれている場合があるので溺れる可能性があります。なにより洞窟内には涼しく湿度もあるため様々な虫や生き物が生息している場でもあり、その中には人間にとって害となる生き物がいる危険性があります。

やってはいけないケイビングで『生きて地上に出るために』 は

自然は優しい姿で人を癒しますが時に人の命を左右するような獰猛な姿をするときがあり、自然の猛威は自分では認知しない状態で起こる場合もあります。何より一番の怖いのは、経験があるから自分は大丈夫などの慢心をすることです。そのため不確定要素が結びついての自然の猛威を受けてしまい遭難しても生きて地上に出るためには、基本的に経験があっても一人では入らずに必要な装備を所持して複数で入りそして日程が一日であっても第3者に洞窟に入っていることを知らせておくことです。この第3者に知らせておくことで救援要請が可能になり、そして複数でいけばお互いフォローできるので生存確率を上げることができます。

冒険を楽しむからこそのケイビングの最低限のルール

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクティビティの最新情報をお届けします!

SNSで最新情報チェック!
snsicon snsicon snsicon snsicon

記事ランキング

関連ページ紹介 アウトドア&フィッシング ナチュラム