冒険の醍醐味を味わえるケイビング

冒険の醍醐味を味わえるケイビング

日本3大洞窟を探検するケイビングをするには

これから会う度ドアの最盛期を迎える季節を迎えるにあたり、そのアウトドアスポーツで注目されているのがケイビングです。ケイビングは山であれば火山が流れたところが空洞化したそして海であれば波のしぶきで削られた地表に空洞ができた洞窟を探検するスポーツです。元々はヨーロッパの文化ですが、近年ではヨーロッパの観光客がアウトドアスポーツの文化を伝えることで日本でも広まりを見せているのです。特に日本は島国のため山が多くあるのとコジマがあることでの波のしぶきでできた空洞がたくさんあるので、その有名なスポットがたくさんありますがその中でも洞窟内に自然界のすごさがg表祝したような洞窟を日本3大洞窟と呼び注目されています。

ケイビングスポット日本3大洞窟の『三つ目はどこ?』

ケイビングスポット日本3大洞窟は岩手県岩泉町にある龍泉洞で、その特徴は山の空洞に地表からの長い時代の時間流れてきた水がたまっていることによる深い水源があります。その水源にはケイビングスポットとしてライトアップされていますが、そのライトアップが届かないような広大な空洞!とライトの反射する水が幻想的です。そして2つ目は山口県秋芳町秋芳洞でその特徴は土の形質が柔らかいことによる長い期間の水のせせらぎで削られた地表が幻想的な形をしていることが特徴の洞窟です。そして日本3大洞窟の三つ目はどこかというと高知県土佐山田町龍河洞になります。

三つ目のスポット高知県土佐山田町龍河洞の『特徴は?』

日本3大洞窟の2大洞窟もまた自然が織りなす最高の景色の洞窟ですが、それらに負けじと三つ目のスポット高知県土佐山田町龍河洞も自然が織りなす景色を作り上げられています。その高知県土佐山田町龍河洞は、洞窟には火山でできた山の特徴として、その流れる水の中に溶岩の成分である石灰が含まれることがあります。その石灰を含んだ水が何度も同じところを流れることによって石灰の比重が重いことで残っていき、その残った石灰が何層にもつながって独特の景色を作り上げます。そして作り上げた石灰の層に水が流れることによってさらに削られていくことによって、長い水の流れが織りなす独特の風景を作り上げます。

冒険の醍醐味を味わえるケイビング

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクティビティの最新情報をお届けします!

SNSで最新情報チェック!
snsicon snsicon snsicon snsicon

記事ランキング

関連ページ紹介 アウトドア&フィッシング ナチュラム