初心者のサーフィン練習方法

初心者のサーフィン練習方法

サーフィンの技にはどのようなものがあるか

サーフィンは波に乗って楽しみますがただ乗るだけではありません。いろいろな種類の技があります。 うまいサーファーはそれら技を繰り出してアクションを入れてライディングをします。 その種類には、まず基本となるボトムターンというものがあります。これは波に乗って波のボトム面でターンをしてスピードをつけます。 トップターンは波の上にあるリップ部分でターンを行うもので、そこでボードを返すとオフザトップやオフザリップとなります。 カットバックは波が緩やかになった部分でパワーゾーンに戻る方法です。 ほかにもチューブライディングなどレベルに応じていろいろな技があります。

サーフィンをうまくなるための練習方法とは

サーフィンをはじめたひとはその楽しさからうまくなりたいと考えます。もちろんファンサーフといって波に乗るより海に行くこと自体を楽しむ人もいます。 やはりうまくなるには海に通うことです。週に1度しか行けないサンデーサーファーの場合は日ごろからサーフビデオをみたりサーフィンに関する本を読んでイメージトレーニングをすること、そして筋肉トレーニングをするといいでしょう。 イメージというのはとても大切な要素で、波を見てどのようにライディングをするか想像できるようになることです。 筋肉トレーニングは腹筋、背筋を中心にトレーニングするといいでしょう。

初心者の方がサーフィンを安全に楽しむ方法

まず初心者の方は無理をしないことが大切です。リーシュコードやワックスもきちんとつけて、ウェットスーツは体を守る役割もあるのできちんと着用します。 初心者の場合、練習方法としては人ができるだけすくないところでややたるい波で横に走れる波がある場所を探して練習することです。 ほとんどの人はテイクオフをしたら頭の中は真っ白です!横に走って考える余裕をもつことで日頃のイメージトレーニングの効果を出すことができるのです。 もし人が増えてきたり、波のコンディションが変わったらポイントを変えるという判断も必要です。 やはり多くの波に乗って経験値を増やすことも大切です。

初心者のサーフィン練習方法

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクティビティの最新情報をお届けします!

SNSで最新情報チェック!
snsicon snsicon snsicon snsicon

記事ランキング

関連ページ紹介 アウトドア&フィッシング ナチュラム