ラフティングで写真や動画をうまく撮るには

ラフティングで写真や動画をうまく撮るには

ラフティングを楽しんでいる時の写真撮影について

激流の川を8名ほどが乗り込めるゴム製のボートを利用して下るのがラフティングであり、激流の流れの場所ではボートの周りについているロープなどに掴まっていないと川の中に落ちてしまうほどのスリリングな体験が出来ます。 爽快さなどが有るので人気が高くなっているのですが、写真撮影ともなるとベテランの域を超えてないと難しいものです。 尚、ラフティングのツアーなどでは必ずツアーガイドが乗船をしており、参加者の様子などを写真撮影をしており、ツアーに参加した人にお土産としてCDなどに写真を保存して渡してくれるお店も多く在ります。

ラフティングを楽しんでいる動画を撮影したい!

激流の川を下っている時は、ボートが回転をしたり、大きく上下に揺れるなどで動画の撮影どころではありません。 しかし、この揺れの中でも動画の撮影は可能であり、後から再生をする事でスリリングな体験をして来たことを友達などに紹介する事も可能になるのです。 尚、ラフティングを楽しむ時には全員がヘルメットを装着して行う事になりますが、ヘルメットの頭のてっぺんにカメラを取り付けて動画の撮影を行う人もいます。 これなら両手を使う事が出来るため、パドルを使ってボートをコントロールしたりロープにつかまっている事も出来るわけです。

写真や動画をうまく撮るにはどうすれば良い?

ラフティングツアーでの撮影は初心者の人は撮影を行う余裕はないので難しいと言えます。 また、ラフティングは水しぶきをたっぷりと浴びる事になるので機材はハウジングなどに入れておく必要が有ります。 ではうまく撮るにはどうすれば良いのでしょうか。 川の上からツアーに参加している友達や家族を撮影すると言う方法がお勧めなのです。 これなら水しぶきを浴びずにうまく撮る事が出来ますし、参加している家族や友人などの表情をズームアップして撮影できるため、予めどの場所で撮影をするのかを決めておけば、ボートが近づいた段階からシャッターを切ったり、録画をスタートさせればよいのです。

ラフティングで写真や動画をうまく撮るには

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクティビティの最新情報をお届けします!

SNSで最新情報チェック!
snsicon snsicon snsicon snsicon

記事ランキング

関連ページ紹介 アウトドア&フィッシング ナチュラム