レースラフティングと言う競技種目について

レースラフティングと言う競技種目について

レースラフティング競技の特徴とJRFについて

レースラフティング競技は激流となる川を如何に早く下るかを争うもので、激流での操艇技術が要求されます。 最近は、レジャーなどでもラフティングの人気が高まっていますが、国内では日本ラフターズ協会(略称JRF)が主催や指導を行っており、日本ラフターズ協会により競技が開催されています。 レースでは6人乗り、4人乗りの2つが在り、ダウンリバー、スプリント、H2H、スラロームの4つの種目が在りますが、これ等は何れも世界ラフティング協会のルールに従うものです。 また、これらの種目は距離の長さの違い、設置されたゲートを通過する時のタイムなど種目毎に特徴を持ちます。

日本の競技人口はどのくらいいるの?リバーガイドとの違いは?

ラフティング!と聞いて激流を思い浮かべる人は多いものです。 ラフティングは競技種目としても人気が高いのですが、日本における選手の数と言うのは日本ラフターズ協会が管理を行っているので、協会のホームページなどで情報を収集する事が出来ます。 尚、種目としては5キロ以上の長距離コースとなるダウンリバー、500メートル以内の短い距離を競うスプリント、500メートル以内の短い距離を2艇同時にスタートさせて競うH2H、コースに設置されえいるゲートを通過する時のタイムを競うスラロームの4つの種目が用意されています。

世界の競技人口と川の流れのグレードについて

世界の競技人口は、世界ラフティング協会(略称IRF)が管理を行っているものですが、国内を技術レベルは世界に通用するものであり、高水準に在ると言われています。 尚、レースで利用される川と言うのはグレード5などの高い技術が要求されるものであると言います。 このグレードには1から6までの設定が行われており、グレード6と言うのは、ラフティングのボートでは通過が不可能と言われており、極めて危険で困難となるレベルです。 競技で利用されるグレード5と言うのもの、きわめて困難とされる流れで有り、最難グレードとも言われているのです。

レースラフティングと言う競技種目について

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクティビティの最新情報をお届けします!

SNSで最新情報チェック!
snsicon snsicon snsicon snsicon

記事ランキング

関連ページ紹介 アウトドア&フィッシング ナチュラム