フライボード(水圧で空を飛ぶ)の考案者、日本で始めたひと

フライボード(水圧で空を飛ぶ)の考案者、日本で始めたひと

水圧で空を飛ぶ事が出来るフライボード最初に考えた人は誰?

水上バイクから放出される水圧をパイプを伝わって専用のボードに送り込む事で、水圧で空を飛ぶと言うフライボードですが、これを考えた人は誰なのでしょうか。 インターネットで「フライボード 考案者」と言った具合に検索を行うと、「ディック」と言う名前を見つける事が出来ますが、水上バイクの世界チャンピオンのフランス人だと言われています。 また、フライボードの発祥はフランスであり、ここからヨーロッパに広まりやがて日本に伝わったと言われており、歴史的には比較的新しいウォーターアクティビティーと言われているのです。

水圧で空を飛ぶアクティビティを日本で始めたひとは?

水圧で空を飛ぶアクティビティ!フライボードは爽快感を味わえるウォータアクティビティーであり、グーグルのコマーシャルで一躍人気が高まったと言われています。 このコマーシャルを初めて見た時は、何だろう?と不思議に感じる人も多かったのではないでしょうか。 現在では南の島などではおなじみのアクティビティーとして人気が高まっていますが、日本で始めたひとが誰なのかは不明確なのですが、フライボードは特殊小型船舶免許が必要となりますので、この資格を持つ人でなければ始めることが出来ません。 但し、この免許は水上バイクの免許であり、フライボード事態にライセンスは不要です。

フライボード(水圧で空を飛ぶ)のエピソード

最初に発明した人のエピソードがどのようなものであるのかは別としても、最近は南の島などに観光で訪れた人が、挑戦するケースが増えています。 水圧を利用して空中に上がると言う特徴が在りますが、誰もが簡単に空を飛ぶように上がることは難しく、バランスを上手にとれるようになることで、真下には青い海や珊瑚礁の海を見ることが出来るようになるわけです。 また、最近は芸能人の人なども挑戦をするケースが多くなっており、インターネットの中では様々なエピソードを見ることが出来ます。 エピソードの中では面白いと言う意見が多く在る事からも人気が高くなっているのです。

フライボード(水圧で空を飛ぶ)の考案者、日本で始めたひと

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクティビティの最新情報をお届けします!

SNSで最新情報チェック!
snsicon snsicon snsicon snsicon

記事ランキング

関連ページ紹介 アウトドア&フィッシング ナチュラム