ダイビングの事前準備について

ダイビングの事前準備について

メガネを利用している人のダイビングについて

メガネをかけている人は、視力が低下しているため、メガネを外してしまう事で数センチ先がぼやけて見えてしまう事もあり、ダイビングを行う時などは、メガネをした状態で潜行をしなければならないと言う事も有ります。 しかし、眼鏡をかけた状態でマスクを付ける事は出来ませんの、コンタクトを入れるなどしなければなりません。 しかしながら、最近は視力矯正が出来るマスクもあり、自分の視力に有ったマスクを事前準備の際に用意をしておけば、水中散歩をする時もメガネなどがなくても魚の観賞やマクロ生物の観賞が可能になるのです。

コンタクトはダイビング時には外す必要が有ります

ダイビングをする時、コンタクトをしている人は外さなければなりません。 これはマスクブローと言って、マスクの中に入った水を取り出すため、一旦マスクを外してマスクの中に水を溜めてから、酸素ボンベの酸素を利用して水を排水させる動作が必要になり、この時目を開けた状態でマスクブローを行うため、コンタクトレンズが流されてしまう可能性が有るからなのです。 尚、眼鏡と同じく視力矯正が可能なマスクが有るので、それを利用する事で視力矯正用の眼鏡やコンタクトレンズに頼ることなく、水中でも視力が適正な状態でのダイビングを楽しめるのです。

ダイビングの事前準備は何をすれば良いの?

ダイビングの事前準備!と言っても何をすれば良いのか迷う人は多いものです。 視力が悪い人などの場合は、度が入ったマスクを準備しておく事がお勧めです、 これは水中では眼鏡などを利用する事が出来ないからです。 しかし、眼鏡などの視力矯正用のアイテムが無ければ数センチ先も見えないと言う事では困りますので、自分の視力に有ったマスクを作り準備をしておくことが水中散歩を楽しむ時など、魚や小さな生物の観察、珊瑚礁などの海での水中散歩を楽しむコツでもあるのです。 尚、このようなマスクはダイビングショップなどに行けば自分の視力合うマスクを手に入れることが出来ます。

ダイビングの事前準備について

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクティビティの最新情報をお届けします!

SNSで最新情報チェック!
snsicon snsicon snsicon snsicon

記事ランキング

関連ページ紹介 アウトドア&フィッシング ナチュラム