ダイビングに出かけるのに日焼けに注意

ダイビングに出かけるのに日焼けに注意

『日焼け』 に注意をはらって楽しくダイビング

海の魅力は何といってもキラキラ輝く波とサンサンと降りそそぐ光のシャワーですが、同時に大変な量の紫外線を浴びる事になります! 日焼けをして健康的な感じで収まらないのが海での日焼けです。 海水を浴びた肌は塩分を含んだ水で光を浴びて焼けやすくなった状態にあります。 ダイビングの場合は海中にいるから大丈夫と感じるのは早計で、ウェットスーツの上は真っ黒に日焼けします。 顔だけ日焼けしているだけでも人目を引きますが、ダイビング中にはマスクをつけているのでうっすらマスクの形に焼けムラも出来上がってしまい大変です。

『日焼け止め』 で紫外線対策をしながらダイビング

海では常に海水にさらされているので、直接紫外線が当たる部分には日焼け止めを塗っておく事が大事です。 顔中焼けて赤向けを起こしたら大変ですから、顔は小まめに塗り直しが必要です。 そんな日焼け止めは必ずウォータープルーフタイプのものを使うようにしましょう。 ウォータープルーフは水をはじくため海水に浸かっても簡単には落ちません。 但し顔は無意識にタオルで拭いたりダイビングのマスクなどで擦れたりして、塗ったものが取れてしまう為一度塗って安心するより、気づいたらちょっと塗る程度に定期的にケアしてあげると海から上がった後その成果が表れます。

紫外線対策を考慮したダイビングの『服装』

ダイビング中の服装はウェットスーツになりますが、色々な種類があります。 ワンピースでも半袖のもの、つなぎの様な形のロングジョンなど、暑いと思って肌を露出するタイプのウェットスーツは潜るまでの間は涼しく快適でもエントリー前と後でくっきりと焼けしてしまいます。 なるべく服装は肌を出さないタイプの長そでかロングジョンならボレロがあるといいでしょう。 但し、外に露出している肌にも日焼け止めを塗りまくるという方法もあります。 その場合は塗った場所が触れた部分に跡がベッタリくっついてしまいますので、注意が必要です。

ダイビングに出かけるのに日焼けに注意

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクティビティの最新情報をお届けします!

SNSで最新情報チェック!
snsicon snsicon snsicon snsicon

記事ランキング

関連ページ紹介 アウトドア&フィッシング ナチュラム