体験ダイビングで趣味にする場合と装備の価格について

体験ダイビングで趣味にする場合と装備の価格について

ダイビング体験を行った事で楽しさを知り趣味にする!

南の島などに旅行に出かけた時、ダイビングショップの体験コースを利用する人が多くなっています。 体験コースと言うのは、ライセンス資格を持たない人が対象になっているもので、インストラクターから装備についての説明や水中での行動における注意、そして呼吸の仕方や酸素の吸い方などのレクチャーを受け、水深5メートルほどの深さの場所での水中散歩を楽しむことが出来ると言う魅力があり、一度経験を行う事で趣味にする人も多くいるのです。 尚、趣味にする場合はライセンス資格を取得する必要が有りますが、ライセンス資格はダイビングショップなどが講習を行っており、実技と学科の授業を受ける事でライセンス取得が出来ます。

体験する事で得られる魅力とは何だろうか?

体験ダイビングはライセンスの資格を持たない人が参加条件となるもので、一度経験をする事で得られる魅力と言うのは、水中で呼吸が出来ること、そして一定の時間の中で水中散歩を楽しめると言う魅力を知ることが出来る事です。 シュノーケリングの場合は、水面下をマスクで眺めながら泳ぎ回ったり、数メートル程潜っても呼吸が続かなければ浮上しなければなりません。 しかしながら、酸素ボンベからの酸素を供給する事で一定の時間水中に滞在することが出来るため、海の中に生息する魚やマクロ生物と呼ばれている小さな生き物たちを観察しながらの水中散歩を楽しめちゃうのです。

ダイビング機材の種類と装備の価格について

ダイビングライセンスを取得する事で機材が欲しくなります。 機材が在れば、いつでも水中散歩を楽しめるなどのメリットが有るからなのですが、装備の価格というのはどのくらいが相場になるのでしょうか。 また、必要な機材と言うのはどのようなものなのかを整理しておく必要が有ります。 尚、装備の価格は機材のグレードなどにより変わりますので、一番安い物を選ぶ方法、好みのデザインの物を選ぶ方法などにより装備の価格も変わります。 ダイビングに必要な機材は、ウェットスーツ、マスク、シュノーケル、フィン、ブーツ、レギュレータ、ゲージ類、BCジャケットなどであり、レンタル品としてウェイトや酸素ボンベなどが必要になります。

体験ダイビングで趣味にする場合と装備の価格について

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクティビティの最新情報をお届けします!

SNSで最新情報チェック!
snsicon snsicon snsicon snsicon

記事ランキング

関連ページ紹介 アウトドア&フィッシング ナチュラム