キャニオニングはツアーガイドがいるし安全だね!

キャニオニングはツアーガイドがいるし安全だね!

キャニオニングは頭打たない?大丈夫?と心配な人も多いもの

キャニオニングは頭を打たないの?と心配になる人は多いものです。 キャニオニングは、落差が在る滝をロープを使って降下したり、滝つぼめがけてダイブ、落差のある場所でのウォータースライダーなど岩に頭を打ち付ければ大変な事態になりますが、キャニオニングに参加する時にはヘルメットを装着するのが必須であり、しかもツアーには必ずベテランのツアーガイドが添乗しますし、ツアーガイドは厳しい訓練を重ねたインストラクターでもあり安心して参加することが出来るのです。 尚、ツアー開催前には様々な注意事項が在りますので、注意事項をしっかりと聞いておくことが安全確保のコツです。

天然のウォータースライダーでは擦りむかない?

落差が数メートルある渓谷ではウォータースライダーでスリルと爽快感を味わうことが出来ますが、ウォータースライダーを作り上げている場所は岩となりますので、擦りむかない?と疑問に感じる人も多いものです。 キャニオニングを行う時はヘルメットやライフジャケットを装着して安全確保を行って楽しむ事になりなすが、川の水は夏場でもとても冷たいため、ウェットスーツが必須となります。 ウェットスーツは皮膚との間に入った水を使って体温を維持してくれる効果だけではなく、擦り傷などの防止にも役立てることが出来る事からも安心なのです。

ウェット、ヘルメット、ライフジャケット、ガイドで安全だね!

キャニオニングは自然のフィールドで楽しむアドベンチャー要素を持つアウトドアスポーツであり、自然を相手に楽しむため、安全確保はとても重要な要素となります。 ウェットスーツを着用する事で保温効果や傷防止などに役立ちますし、ヘルメットを装着する事で頭を打ってしまう危険を回避出来ます。 また、ライフジャケットを着ているので、泳げない人でも滝つぼなどでの水泳や水遊びも安心ですし、キャニオニングのツアーには必ずツアーガイドが案内をしてくれるので安全なのです。 尚、ツアーに参加する場合はツアーガイドの指示を守ることが大切であり、勝手な行動はいけません。

キャニオニングはツアーガイドがいるし安全だね!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクティビティの最新情報をお届けします!

SNSで最新情報チェック!
snsicon snsicon snsicon snsicon

記事ランキング

関連ページ紹介 アウトドア&フィッシング ナチュラム