サーフィンの上達方法

サーフィンの上達方法

まず沖に出るためにもパドリングが必要です

サーフィンは波に乗ってアクションをするスポーツで波の乗るという異次元の感覚と爽快感が病みつきになってしまうのです。
しかしサーフィンはとても体力の必要なスポーツです!
そのひとつにパドリングがあります。これは基本中の基本で、これができなければサーフィンを楽しむこともできないといってもいいでしょうね。
これでなんとかして沖にでなければ波に乗れません。沖に出るためにもパドリングが必要なのです。その方法はサーフボードの上に腹ばいになって、手で水面を漕いで波をかわしながら沖に出るのです。
これが実は結構も難しくてうまく沖に出るようになるにはコツが必要になります。

うまくパドリングするコツはどうすればよいか

うまくパドリングをするためにはやはりコツがいります。中には腕力には自信がある人がその力だけで沖に出ようとしても出ることができないことも多くあります。
まずそのひとつがバランスです。ボードの上に乗る位置ですが中心にくるように前や後ろに乗り過ぎないようにします。そして背筋を使って胸をそらすことです。
これは慣れの部分もありますが、うまくバランスを取れるようにすることが第一です。
次はパドリングに強弱をつけるということです。沖に出るのにずっとフルパドリングをしていては体力は持ちません。波が来ているときはゆっくりでいいので波をかわして、落ち着いた時に早く漕ぐことなのです!

サーフィン上達のためのトレーニングの方法は

サーフィンは全身を使うスポーツでもあるので、基本的には腹筋、背筋が強くなければ持ちません。
これは自宅でもすぐにできるトレーニングなので毎日行うといいでしょう。やはり大きい筋肉を鍛える意味でも足の筋肉ですね。スクワットを取り入れてもいいです。
毎日何セットか腹筋、背筋、スクワットのトレーニングを行うことでかなり体力をつけることができます。
またウェイトを使ったトレーニングでは軽めのダンベルを持ち上げるとパドリングも強くなります。
サーフィンは大きい筋肉を鍛えるとともに小さい筋肉は持続させる必要があります。
本気で続ければかなり上手くなりますよ!

サーフィンの上達方法

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクティビティの最新情報をお届けします!

SNSで最新情報チェック!
snsicon snsicon snsicon snsicon

記事ランキング

関連ページ紹介 アウトドア&フィッシング ナチュラム