パラグライダーを始めるための装備一式

パラグライダーを始めるための装備一式

パラグライダーで使うハーネスとはどんな装備か

パラくらいダーで使われるハーネスとは、空を飛ぶ時に人が座るいすと考えてください。かたちはちょうどリュックのようで飛ぶときに背中に背負います。このハーネスに座りパラグライダーを操作しますので、パラグライダーと人間を繋ぐ重要な装備です。ハーネスには初心者ようと競技者用があり、初心者用のタイプは安全性と安定性を重視して設計され、競技者用は空気抵抗を可能な限り少なくなるよう設計されています。ハーネスを選ぶときは身長・体重・体型によってそれぞれのタイプを選択します。ハーネスの寿命は5年くらいといわれています。

パラグライダーで使われるキャノピーとはどんなものか

パラグライダーで使われるキャノピーとは、パラグライダー専用に開発されたケブラーやナイロン、ダイニーマなどの特殊な素材から作られたライン(紐)のことです。キャノピーにも初心者用と競技者用と色々なタイプが製造されています。ご自分の技量や目的に合ったものを購入しないと、安全性に問題がおきます。初めてキャノピーを購入する場合は、パラグライダーの指導をしてもらう方などに選んでもらうべきでしょう。サイズはXSからXLまであり、体重に見合ったサイズを購入します。紫外線による劣化がおきるので、耐光年数は3年ほどで交換が必要です。

パラグライダーを行うときに必要なその他の装備

空を飛ぶためには、そのほかにも装備が必要になります。カラピナはハーネスとキャノピーを連結する金具です。以前は登山ようのカラピナを使っていましたが、現在は専用のカラピナが存在します。レスキューパラシュートは緊急用の予備のパラシュートです。頭を守るためのヘルメットは軽く衝撃に強い設計がなされています。空中で均衡感覚を保つ為に耳の部分に穴が開いていることと、視界を妨げない構造になっています。フルフェイスとハーフタイプがあります。シューズも足首を補強してあり、ひも部がリングになってラインを引っ掛けない設計の専用の靴を用います。3万から4万円程費用が掛かりますが、丈夫な作りで長持ちします。

パラグライダーを始めるための装備一式

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクティビティの最新情報をお届けします!

SNSで最新情報チェック!
snsicon snsicon snsicon snsicon

記事ランキング

関連ページ紹介 アウトドア&フィッシング ナチュラム