コンタクトレンズとメガネを使用している方がキャニオニングする際の注意点

コンタクトレンズとメガネを使用している方がキャニオニングする際の注意点

コンタクトレンズを使用してキャニオニングを楽しむ

日本は、世界的にみても近視に悩まされている方が極めて多い国です。
日本人に、近視に悩まされている方が多いのは、情報化された社会によってパソコンやスマートフォンなどを見続ける時間が長いためです。
視力が弱い方にとって欠かすことができないのがコンタクトレンズやメガネといった矯正器具です。
コンタクトレンズは、裸眼と同じ見え方が可能な一方、キャニオニングでは強い水の流れによってコンタクトレンズが外れてしまうという注意点があります。
足場が悪く絶え間なく強い勢いで水が流れている環境でコンタクトレンズを失ってしまうと身動きがとれなくなってしまいます。

キャニオニングを楽しむ上では装着できないメガネ

キャニオニングは、視力が弱い方にとっては矯正器具の選び方に苦慮するアクティビティと言えます。
コンタクトレンズは、水の勢いによって目から外れてしまったり、黒目からずれてしまい痛みを感じるという事案が多いです。
矯正器具の中で、最も手軽で身近なメガネもキャニオニングを楽しむ上では適していないと言えます。
まるで滝のように非常に強い勢いで流れている中を進んでいく状況では、メガネはすぐに顔から外れてしまいます。
また、水の流れに押されてしまったメガネの一部分が目に当たり危険ですので、着用は避けた方が良いでしょう。

キャニオニングを行う上での矯正器具の注意点

視力が強い方にとっては、全く問題なく不安に感じない事柄が視力が弱い方にとっては大きな障害であり、不安に感じる事柄です。
キャニオニングは、緑豊かな森の中に流れる透明感の高い水を全身に浴びて身体全体で自然を感じることができるアクティビティです。
こうしたキャニオニングを視力が弱い方が楽しむ場合、まずクリアしなければならないのが楽しんでいる際の矯正器具の選び方と対処方法についてです。
矯正器具を使用している方の多くが行っているのがコンタクトレンズを使用し、水の侵入がしにくくずれにくいゴーグルを使用するということです。

コンタクトレンズとメガネを使用している方がキャニオニングする際の注意点

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクティビティの最新情報をお届けします!

SNSで最新情報チェック!
snsicon snsicon snsicon snsicon

記事ランキング

関連ページ紹介 アウトドア&フィッシング ナチュラム