事前に知りたい!自転車の選び方

自転車の選び方

この頃、街中で高そうな自転車に乗っている人をよく見かけますね。「健康のために始めてみたい」「趣味を増やしたい」「でもスポーツバイクの知識がない」そんな方のために、自転車の選び方をレクチャーします。

まずは目的から

一言でスポーツバイクと言っても、種類があります。目的に応じて色んなタイプの自転車があるので、「レースへ出たい」「まずは通勤程度に」など、まずは利用方法を考えましょう。

1、ロードバイク

本格的なライドをしたい方には、ロードバイクがおすすめ。何よりもスピードに特化しているため、ママチャリでは体感できない爽快さが味わえるでしょう。もちろん普段の通勤に使ってらっしゃる方もいます。
フレームの素材にもよりますが、あまり多くの荷物を積めないため、大きな荷物を積んで自転車旅行で遠出したいと考えている方は他のバイクを購入することをオススメします!

購入予算:10万円~20万円位

2、クロスバイク

レースはいいから普段使える速い自転車が欲しい、という方におすすめなのがクロスバイク。簡単に言うと「街乗りもしやすいロードバイク」です。
値段もロードバイクに比べてお手頃ですから、とりあえず自転車を始めてみたいという方も必見です。
クロスバイクで通勤されている方も多く見かけます。

購入予算:5万円~8万円位

3、マウンテンバイク

未舗装路でも走れるタフな自転車です。
スピードでは前出の2つに劣りますが、道路には至る所に段差があります。ロードやクロスでパンクするような所も、MTBなら安心。そんな耐久性を求めている方におすすめです。
耐荷重が一番大きいので、多くの荷物を積んでキャンプもするような旅行をしてみたいと考えている方ならこちらです。

購入予算:5万円~10万円位

種類を決めたら……

あとは機能や価格と応相談ですね。最も注目すべきは、フレームの素材
これには大きく分けてアルミ・クロモリ(スチール)・カーボンの3つがあります。
アルミは安価な一方で重く衝撃がもろに伝わる素材です。逆にカーボンは高価で耐久性が低いですが、軽くて衝撃が吸収されます。
クロモリ(スチール)は両者の中間くらいの性質をもっていると考えてください。

他に必要なもの

本体を決めたら、他の部品を購入しましょう。一般的に必須とされているのがカギ・空気入れ・フロントライトです。
カギは盗難防止に2つ付けたほうが良いですね!
安全とマナーを守るためにはヘルメット・ベル・リアライトを付けることもおすすめします。

あとは予算にもよりますが、スタンド・ドリンクホルダー・パンク修理キットなどがあっても便利です。

全体の予算を決めて、1万円~2万円を備品に充てるように検討するのがオススメです!

事前に知りたい!自転車の選び方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクティビティの最新情報をお届けします!

SNSで最新情報チェック!
snsicon snsicon snsicon snsicon

記事ランキング

関連ページ紹介 アウトドア&フィッシング ナチュラム