日焼け止めはどう選ぶ?

日焼け止めはどう選ぶ?

アウトドアの必需品 出かけるときは忘れずに

紫外線がお肌にダメージを与えることはもはや常識。日常生活でもきちんとケアするように心がけているのは、すでに女子だけではないはず。アウトドアでレジャーを楽しむときはなおさらです。

レジャーでは長い時間、紫外線を浴び続けることが多いので、普段は気にしない派の人でも、それなりに気を使いますよね。一方で、家を出る前に、しっかり日焼け止めを塗っていたのに、気付けばお肌が真っ赤に!なんて経験もあるのでは?

効き目がないのを選んだからと思ったあなた。それは使い方のせいかもしれません。実は日焼け止めには正しい選び方と、使い方があるのです。

タイプいろいろ 効能もいろいろ どれを選ぶ?

ドラッグストアにも、スポーツやアウトドアグッズのショップにもたくさんの種類の日焼け止めが並んでいて、どれを選べばいいのか迷いますが、まずは自分の使いやすいタイプを探しましょう。ジェルタイプは伸びが良く、軽いつけ心地、リキッド、クリームの順でテクスチャーは重くなっていきますのでお好みで。

手軽に使えるスプレータイプも便利です。ただし少々むらづきしやすいのでご注意を。お肌につけたら手のひらでなじませると良いでしょう。肌の敏感な子供用や、クレンジングなしで落とせるもの、水に強いウォータープルーフタイプや虫よけ効果があるものも。使いやすくてお肌に合うもの、必要な効能があるものを見つけましょう。

最終チェックにここを見るべき ここが一番大切です

使うタイプが決まったら、一番大切なポイントをチェック!それは、どの日焼け止めにも表示されているSPFとPA、ここを見るべきなのです。PAは+の数が多いほど、SPFは数字が大きいほど紫外線を防ぐ効果が高くなります。

一般的にアウトドアのレジャーにはSPF30~50がおすすめだと言われますが、数字が大きいほど肌への負担も大きいので肌の弱い人は悩みどころかも。実はこの数字は効果が続く時間を示すもの。

SPF30であれば効果は6時間程度なので、時間を見計らって塗りなおせば、むやみに数字が高いものを使う必要なしです。汗をかいたり、泳いだりしたときもこまめに塗りなおしを。これで日焼け対策は完璧です。

日焼け止めはどう選ぶ?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクティビティの最新情報をお届けします!

SNSで最新情報チェック!
snsicon snsicon snsicon snsicon

記事ランキング

関連ページ紹介 アウトドア&フィッシング ナチュラム